月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

豊川がトップを守って2時間4分56秒で7連覇、女子は安城学園が連続Vで2回目の都大路/愛知県高校駅伝


◇愛知県高校駅伝(11月6日/一宮市大野極楽寺公園・木曽川沿川サイクリングコース発着)

男子(7区間42.195km)は豊川が2時間4分56秒で7年連続8回目の優勝。女子(5区間21.0975km)は前回初Vの安城学園が1時間9分38秒のタイムで2連覇を達成した。

3区終了までに大幅なリードを奪うレースプランで挑んだ豊川。1区(10km)はエースの吉村聡介(3年)が担った。吉村は福井インターハイ男子5000m予選敗退。その後の決勝を観戦し、「トップ選手の走りを見て、自分の走りは全国で通用しないと思った」。駅伝の10km区間でも戦えるようにと、夏合宿で月間約850kmを走り込んだ努力が実を結び、従来の区間記録を22秒更新する28分56秒で首位中継した。

土屋貴幸監督が自信を持って送り込んだ3区の近田陽路(3年)も23分46秒の区間賞で、後続に1分以上の差を広げる。2年生が並んだ4区以降もトップを守り、真っ先にフィニッシュテープを切った。

「吉村は強豪校の選手とも渡り合える力がついてきました。出場できなかった主力の3年生がスタートラインに立てば、都大路でのいい成果も見えてきます。2年生の底上げも図り、入賞を確実に狙いたいです」と土屋監督は意気込んだ。

安城学園は初出場した昨年の全国大会とまったく同じメンバーで臨んだ。1区こそ、区間賞に輝いた豊田大谷のルーキー・中馬蘭奈から13秒差の2位発進となったが、3区を務めた、インターハイ女子800m2位の小山愛結(3年)でトップに浮上。4区以降も2位に浮上した強豪・豊川を寄せつけず、愛知県女王の座を守った。

「苦しい戦いになると予想していましたが、絶対どこかでトップをとらえられるとお互いを信じた結果だと思います」と石田桂監督は選手をねぎらった。

昨年の都大路は13位。指導陣が大健闘と讃えたものの、反省を口にしたり、中には涙する選手もいたという。もう一度都大路の舞台に立って入賞を目標に練習を重ねてきた。

杉浦花音主将(3年)は「みんなで全国大会での入賞を目指してきたので、通過点となる今大会はしっかり決めるつもりでした。都大路に向けて、一つひとつの練習で質を高めていきたいです」と大舞台を見据えている。

全国大会は12月26日、京都・たけびしスタジアム京都を発着点に行われる。豊川は7年連続8回目、安城学園は2年連続2回目の出場となる。

文/野田しほり

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com