HOME 高校

2021.11.07

豊川がトップを守って2時間4分56秒で7連覇、女子は安城学園が連続Vで2回目の都大路/愛知県高校駅伝
豊川がトップを守って2時間4分56秒で7連覇、女子は安城学園が連続Vで2回目の都大路/愛知県高校駅伝


◇愛知県高校駅伝(11月6日/一宮市大野極楽寺公園・木曽川沿川サイクリングコース発着)

男子(7区間42.195km)は豊川が2時間4分56秒で7年連続8回目の優勝。女子(5区間21.0975km)は前回初Vの安城学園が1時間9分38秒のタイムで2連覇を達成した。

3区終了までに大幅なリードを奪うレースプランで挑んだ豊川。1区(10km)はエースの吉村聡介(3年)が担った。吉村は福井インターハイ男子5000m予選敗退。その後の決勝を観戦し、「トップ選手の走りを見て、自分の走りは全国で通用しないと思った」。駅伝の10km区間でも戦えるようにと、夏合宿で月間約850kmを走り込んだ努力が実を結び、従来の区間記録を22秒更新する28分56秒で首位中継した。

土屋貴幸監督が自信を持って送り込んだ3区の近田陽路(3年)も23分46秒の区間賞で、後続に1分以上の差を広げる。2年生が並んだ4区以降もトップを守り、真っ先にフィニッシュテープを切った。

「吉村は強豪校の選手とも渡り合える力がついてきました。出場できなかった主力の3年生がスタートラインに立てば、都大路でのいい成果も見えてきます。2年生の底上げも図り、入賞を確実に狙いたいです」と土屋監督は意気込んだ。

安城学園は初出場した昨年の全国大会とまったく同じメンバーで臨んだ。1区こそ、区間賞に輝いた豊田大谷のルーキー・中馬蘭奈から13秒差の2位発進となったが、3区を務めた、インターハイ女子800m2位の小山愛結(3年)でトップに浮上。4区以降も2位に浮上した強豪・豊川を寄せつけず、愛知県女王の座を守った。

「苦しい戦いになると予想していましたが、絶対どこかでトップをとらえられるとお互いを信じた結果だと思います」と石田桂監督は選手をねぎらった。

昨年の都大路は13位。指導陣が大健闘と讃えたものの、反省を口にしたり、中には涙する選手もいたという。もう一度都大路の舞台に立って入賞を目標に練習を重ねてきた。

杉浦花音主将(3年)は「みんなで全国大会での入賞を目指してきたので、通過点となる今大会はしっかり決めるつもりでした。都大路に向けて、一つひとつの練習で質を高めていきたいです」と大舞台を見据えている。

全国大会は12月26日、京都・たけびしスタジアム京都を発着点に行われる。豊川は7年連続8回目、安城学園は2年連続2回目の出場となる。

文/野田しほり

◇愛知県高校駅伝(11月6日/一宮市大野極楽寺公園・木曽川沿川サイクリングコース発着) 男子(7区間42.195km)は豊川が2時間4分56秒で7年連続8回目の優勝。女子(5区間21.0975km)は前回初Vの安城学園が1時間9分38秒のタイムで2連覇を達成した。 3区終了までに大幅なリードを奪うレースプランで挑んだ豊川。1区(10km)はエースの吉村聡介(3年)が担った。吉村は福井インターハイ男子5000m予選敗退。その後の決勝を観戦し、「トップ選手の走りを見て、自分の走りは全国で通用しないと思った」。駅伝の10km区間でも戦えるようにと、夏合宿で月間約850kmを走り込んだ努力が実を結び、従来の区間記録を22秒更新する28分56秒で首位中継した。 土屋貴幸監督が自信を持って送り込んだ3区の近田陽路(3年)も23分46秒の区間賞で、後続に1分以上の差を広げる。2年生が並んだ4区以降もトップを守り、真っ先にフィニッシュテープを切った。 「吉村は強豪校の選手とも渡り合える力がついてきました。出場できなかった主力の3年生がスタートラインに立てば、都大路でのいい成果も見えてきます。2年生の底上げも図り、入賞を確実に狙いたいです」と土屋監督は意気込んだ。 安城学園は初出場した昨年の全国大会とまったく同じメンバーで臨んだ。1区こそ、区間賞に輝いた豊田大谷のルーキー・中馬蘭奈から13秒差の2位発進となったが、3区を務めた、インターハイ女子800m2位の小山愛結(3年)でトップに浮上。4区以降も2位に浮上した強豪・豊川を寄せつけず、愛知県女王の座を守った。 「苦しい戦いになると予想していましたが、絶対どこかでトップをとらえられるとお互いを信じた結果だと思います」と石田桂監督は選手をねぎらった。 昨年の都大路は13位。指導陣が大健闘と讃えたものの、反省を口にしたり、中には涙する選手もいたという。もう一度都大路の舞台に立って入賞を目標に練習を重ねてきた。 杉浦花音主将(3年)は「みんなで全国大会での入賞を目指してきたので、通過点となる今大会はしっかり決めるつもりでした。都大路に向けて、一つひとつの練習で質を高めていきたいです」と大舞台を見据えている。 全国大会は12月26日、京都・たけびしスタジアム京都を発着点に行われる。豊川は7年連続8回目、安城学園は2年連続2回目の出場となる。 文/野田しほり

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

NEWS マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

2024.06.19

マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

陸上界のレジェンドとして1990年代から2000年代に活躍したマイケル・ジョンソン氏(米国)の主催する陸上リーグの詳細が6月19日に発表された。「グランドスラム・トラック」と銘打たれ、25年に開始される予定となっている。 […]

NEWS 女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、森本麻里子(オリコ)が13m37(+2.5)で9位に入った。 昨年のブダペスト世界選手権代表の森本 […]

NEWS ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、男子100mでは東京五輪金メダルのL.M.ジェイコブス(イタリア)が9秒92(+1.5)で優勝した […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top