月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子は小林が接戦を制し3年連続の都大路、男子は宮崎日大が2年ぶりの優勝/宮崎県高校駅伝

宮崎県高校駅伝は11月5日、宮崎市のひなた県総合運動公園周回コースで行われた。男女ともに従来と違う変則的な区間距離でのレースとなり、女子(5区間22km)は小林が1時間11分45秒で接戦を制し3連覇。男子(7区間42km)は宮崎日大が2時間6分13秒で2年ぶりの優勝を果たした。

女子の小林は宮崎日大とのマッチレースとなった。1区の原田紗希(3年)が区間賞で先手を取ったが、2、3区では宮崎日大に迫られると、3区終盤で2位に後退。しかし、4区の西村真里奈(2年)が区間トップで宮崎日大を抜き返し、そのまま逃げ切った。

男子の宮崎日大は1区の西優斗(3年)が2位に49秒差をつけてトップ中継すると3区、4区も区間賞でリードを拡大。5区以降、小林に追い上げられたものの、1分08秒差をつけてフィニッシュした。

全国大会は12月26日に京都・たけびしスタジアム京都を発着点に行われる。小林は3年連続20回目、宮崎日大は2年ぶり3回目に出場となる。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com