月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

北山が9年ぶり2度目の男女V 男子は大会記録を約5分更新、女子は6年ぶりの都大路/沖縄県高校駅伝

沖縄県高校駅伝は11月5日、今帰仁村総合運動公園付帯公認マラソンコースで行われ、男子(7区間42.195km)、女子(5区間21.0975km)ともに北山が全区間区間賞で制し、9年ぶり2度目の男女Vを達成した。男子は大会記録(2時間14分28秒/1990年、豊見城南)を31年ぶりに4分57秒も大幅更新する2時間9分31秒で3年連続13回目の優勝。女子1時間20分01秒で制し、6年ぶり5回目の頂点に立った。

男子の1区は嘉数純平(3年)が区間新記録の走りで首位中継すると、3区を務めた5000m13分56秒84の自己記録を持つ上原琉翔(3年)も区間新。4区~7区も従来の区間記録を塗り替える快走の連続で、2位に8分12秒もの大差をつけた。

女子は1区の関口七夏海(3年)が首位中継すると、2区以降もリードを広げて独走。2位に3分51秒差と完勝した。

全国大会は12月26日に京都・たけびしスタジアム京都を発着点に行われる。北山は男子が3年連続10回目、女子は県優勝回数と同じく6年ぶり5回目の出場となる。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com