月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

松浦が先頭譲らず2年ぶりの全国切符、女子は諫早がオール区間賞で27回目の優勝/長崎県高校駅伝

長崎県高校駅伝が11月5日、諫早市の県立総合運動公園周回コースで行われ、男子(7区間42.2km)は松浦が2時間8分47秒で2年ぶり4回目の頂点に立ち、女子(5区間21.1km)は諫早が1時間10分00秒で3年連続27回目の優勝を果たした。

例年、雲仙・小浜発着の公道を利用したコースで行われていたが、前回のレース中に交通事故があったことから、今回は運動公園の周回コースに変更された。

松浦は、1区の網本佳悟(3年)が21秒差をつけて首位中継。昨年優勝した鎮西学院に3区で詰められたものの、4区の川原琉人(1年)が区間賞、5区の松尾宥汰(2年)が参考記録ながら従来の区間記録を上回る8分41秒でリードを拡大するなど、7区間中5区間で区間賞を獲得した。結局、一度も先頭を譲らず中継し、2位の鎮西学院に1分40秒差をつけて2年ぶりに全国へと返り咲いた。

女子は諫早がオール区間賞で制覇。1区の蔦野萌々香(2年)が2位の長崎女に59秒差と大きくリードを奪って中継。2区以降も後続を引き離し、2位に3分34秒差と圧勝した。

全国大会は12月26日に京都・たけびしスタジアム京都を発着点に行われる。松浦は2年ぶり4回目、諫早は3年連続27回目の出場。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com