月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

出雲3位の東洋大、スーパールーキー石田は4区、復帰の松山と宮下が7、8区へ/全日本大学駅伝エントリー発表


11月7日に行われる全日本大学駅伝のメンバーエントリーが発表された。

10月の出雲駅伝で3位に入った東洋大は、その出雲の5区で区間賞を獲得したスーパールーキーの石田洸介が4区に登録された。故障明けのため出雲を見送っていた箱根駅伝2区2位の松山和希(2年)が7区。最終区にはこちらも出雲でエントリー外だった主将の宮下隼人(4年)が入った。1区には定評のある児玉悠輔(3年)が順当入り。補員には柏優吾(3年)、及川瑠音(3年)ら実力者が控えている。

大会当日の朝6時10分から30分までの間に最大3人までのメンバー変更が可能。なお区間変更は認められない。

■東洋大のメンバーエントリー
1区 児玉悠輔(3年)
2区 前田義弘(3年)
3区 九嶋恵舜(2年)
4区 石田洸介(1年)
5区 梅崎 蓮(1年)
6区 菅野大輝(2年)
7区 松山和希(2年)
8区 宮下隼人(4年)

補員:及川瑠音(3年)、大沼 翼(3年)、柏 優吾(3年)、佐藤真優(2年)、村上太一(2年)

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com