月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

世界陸連支援の「マウンテンランニング」ネーションズカップが開催 世界選手権延期による代替大会

10月31日、キアベンナ(イタリア)で開催されたWMRA(世界マウンテンランニング協会)ネーションズ・カップで19kmのレースが行われ、男子はF.アブラハム(ドイツ)が1時間18分29秒、女子はF.ゲルフィ(イタリア)が1時間34分01秒で優勝した。

この大会は今月開催が予定されていた世界マウンテン・トレイルランニング選手権の延期決定にともない、2021年の国際大会の機会として実施されることが約6週間前に決まった。世界マウンテン・トレイルランニング選手権は11月11?14日にチェンマイ(タイ)での実施が予定されていたが、2022年2月への延期が決定している。

同日にソリア(スペイン)で開催されたWA(世界陸連)クロスカントリーツアー・ゴールドラベルの大会では、標高1100mの同地で男子10km、女子8kmのレースが行われ、男子は22歳のR.クイゼラ(ブルンジ)が28分57秒で、L.マイア(ケニア)が27分22秒でそれぞれ優勝した。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com