月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子は鳥栖工が12連覇で46回目の都大路 女子は白石が3年連続9回目の全国へ/佐賀県高校駅伝

佐賀県高校駅伝は10月31日、佐賀市の市立スポーツパーク川副発着九州国際空港周回コースで行われ、男子(7区間42.195km)は鳥栖工が2時間6分42秒で12年連続46回目の都大路出場を決めた。女子(5区間21.0975km)は白石が1時間12分05秒で制し、3年連続9回目の全国切符を手にした。

鳥栖工は1区の間瀬田純平(3年)が2位に2分05秒差をつける走りで独走態勢を築くと、2区の笠原大輔(2年)、4区の深堀優(3年)が区間新の激走。全区間区間賞で2位に6分49秒差をつけて優勝した。

白石は1区平島ゆゆ(3年)が2位に33秒差をつける区間賞でチームを流れに乗せると、2区以降も終始先頭をひた走った。4、5区でも区間賞で後続を引き離すなど、危なげないレース運び。2位に1分52秒差をつけて快勝した。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com