月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

米子松蔭が7年ぶりの全国切符獲得 女子は鳥取城北が3連覇/鳥取県高校駅伝

鳥取県高校駅伝が10月31日、境港市の竜ケ山陸上競技場周辺の境港竜ケ山特設コースで行われ、男子(7区間42km)は米子松蔭が2時間8分49秒で7年ぶり7回目、女子(5区間21km)は鳥取城北が1時間15分51秒で3年連続4回目の全国出場を決めた。

男子は6年連続で全国出場していた鳥取城北が1区で区間トップを奪ったものの、2区終了時は八頭がトップに立ち、4秒差で米子松蔭、さらに2秒差で鳥取城北と混戦に。3区に入ると、10月8日の屋島ナイタートライアル5000mで14分04秒06と自己ベストを更新していた米子松蔭・清水郁杜(3年)が快走し、2位の八頭を1分11秒引き離してタスキをつないだ。

その後トップを守った米子松蔭は3、4、7区で区間賞を獲得し、7年ぶりの優勝を果たした。

女子は1区で倉吉東・山根みのり(3年)が区間賞で飛び出したが、2区以降は鳥取城北が区間賞を獲得。4区の濱上小杏実(2年)が逆転し、アンカーの留学生、ムンフサイハン・ノミン(3年)が2位の倉吉東に1分11秒のリードを奪ってフィニッシュした。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com