月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

八千代松陰がコース新の2時間5分25秒、女子は日体大柏が4年ぶりの都大路/千葉県高校駅伝


◇千葉県高校駅伝(10月30日/千葉県総合スポーツセンター東総運動場折り返しコース)

男子(7区間42.195km)は八千代松陰がコース新の2時間5分25秒で制し、4年連続14回目の全国切符を獲得。2時間6分18秒で2位だった市船橋もコース新だった。女子(5区間21.0975km)は日体大柏が1時間11分05秒で4年ぶり4回目の都大路出場を決めた。

1、2年生で臨んだ八千代松陰が前半から主導権を握って強さを見せた。1区(10km)を務めたインターハイ5000m9位の綾一輝(2年)は、ライバル・市船橋のエースで、インターハイ5000m10位の緒方澪那斗(3年)と激突。2人は序盤から鍔迫り合いを繰り広げたが、綾が残り2kmを切って抜け出し、29分07秒で首位中継した。

「タイムよりも順位を意識していたので1位でタスキを渡せたことが良かったです」と綾は話していたが、学校の先輩でもある羽生拓矢(現・トヨタ紡織)が2015年にマークした現行コース最速記録(29分18秒)を11秒更新。緒方も29分15秒と羽生のタイムを上回った。

さらに、3区(8.1075km)を務めた工藤慎作(2年)も快走。「しっかり押していく走りができました」。23分47秒で駆け抜け、コースこそ違うものの、1989年に渡辺康幸(市船橋/現・住友電工監督)が出した区間記録(23分57秒)を32年ぶりに塗り替えた。

2区終了時で10秒だった2位・市船橋との差は1分19秒まで拡大。4区以降も盤石なレース運びで、同校が持つコース記録(2時間6分35秒/15年)を6年ぶりに更新して4年連続13回目の優勝を飾った。

大塚正人監督は「3区で抜け出して、想定よりもリードすることができました。全国大会では今回故障などで外れた3年生も含めてチームをもう一度作って、2時間2分台から3分台前半で走りたいです」と話していた。

女子の日体大柏は1区(6km)高橋葵主将(3年)の快走でレースを有利に進めた。2kmあたりで抜け出し、19分50秒で区間賞を獲得。前回まで3連覇の成田に49秒のリードを奪った。「差をどれだけ広げるかが大事だと思っていました。いい走りができたと思います」

2区以降も後続との差を広げ、アンカーの安藤悠乃(2年)は4年ぶり3回目となる歓喜の優勝フィニッシュ。終わってみれば、全区間区間賞で2位に2分12秒差をつけた。前回まで2年連続2位に終わっていただけに、高橋は「ここまできつい練習もがんばって積んできたので、都大路に行けるのはうれしいです」と笑顔を見せた。

男子に加えて、昨年秋から女子も指導する原田正彦監督は「1区から流れを作るつもりでした。後半区間もリズム良く最後まで走れたと思います。全国大会は甘くありませんが、千葉の代表としてチャレンジしたいです」と語った。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com