月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子は水城が混戦制して都大路へ 女子は茨城キリストが独走V/茨城県高校駅伝

茨城県高校駅伝は10月30日、ひたちなか市のひたちなか総合運動公園周辺周回コースで行われ、男子(7区間42.195km)は水城が2時間8分00秒で13年連続16回目の都大路出場を決めた。女子(5区間21.0975km)は茨城キリストが全区間で区間賞獲得の1時間11分49秒で制し、2年連続の全国切符を手にした。

男子は序盤から順位が激しく入れ替わる展開となった。1区はインターハイ3000mSC6位の鹿島学園・大沼良太郎(3年)が区間賞を獲得。2区では土浦日大が首位に立ったが、3区で東洋大牛久が宮崎優(1年)の区間新記録でトップを奪う。

水城は3区終了地点で3位だったが後半追い上げ、6区の助川颯都(2年)が区間新記録の快走で首位に立つとそのままトップでフィニッシュ。4区で区間賞、5~7区は区間新と強さを発揮した。

茨城キリストは1区の後藤凜那(2年)が首位中継すると、その後独走。全区間で区間賞で一度も首位を譲らず、2位に3分34秒差で圧勝した。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com