月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子は常磐が4年連続21回目、男子は東農大二が3年連続30回目の都大路/群馬県高校駅伝

群馬県高校駅伝は10月30日、伊勢崎市陸上競技場周回コースで行われ、女子(5区間21.0975km)は常磐が1時間11分14秒で制し、4年連続21回目の都大路を決めた。男子(7区間42.195km)は東農大二が2時間8分22秒で3連覇を達成し、30回目の都大路に挑む。

常磐は1区を務めたインターハイ3000m5位の並木美乃(3年)が2位に46秒差をつける走りで区間賞発進。その後の4区間も後続を突き放し、全区間区間賞で2位に3分03秒差をつける圧勝劇だった。

東農大二は、1区こそ先頭の樹徳から1分12秒差の5位中継だったが、2、3区で順位を上げると、4区の畠山永(3年)で首位を奪取。5区以降もリードを拡大し、終わってみれば2~7区まで6連続区間賞を獲得した。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com