月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

山梨学院が11年連続の男女V 女子は全区間区間賞、男子は中盤で逆転/山梨県高校駅伝

山梨県高校駅伝が10月30日、西湖畔周回コースで行われ、山梨学院が11年連続で男女優勝を果たした。男子は11年連続21回目、女子は13年連続21回目の全国出場となる。

女子(5区間21.0975km)は1区の青沼麗后(2年)が2位に2分12秒差をつけて首位中継。2区以降も全区間で区間賞を獲得し、2位に5分以上もリードする1時間15分13秒で圧勝した。

男子(7区間42.195km)は巨摩の1区内堀勇(1年)が2位に40秒差をつけて区間賞発進。3区では、韮崎・赤池祥(3年)が先頭に立つものの、山梨学院は和田瑛登(2年)が区間賞で9秒差に迫り、4区の成沢翔英(2年)が逆転した。3区と5~7区の4区間で区間トップを奪い、特に5区の望月瑠希哉(2年)は区間新記録の8分48秒をマーク。後半は後続との差を広げて2時間09分45秒でフィニッシュした。2位は2時間13分28秒で巨摩、3位は2時間13分30秒で韮崎はだった。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com