月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子は札幌山の手が2時間8分49秒で3年連続V、女子は旭川龍谷が2位に約6分差をつけて6連覇/北海道高校駅伝


北海道高校駅伝は10月23日、 北斗市高校駅伝特設コースで行われ、男子(7区間42.195km)は札幌山の手が2時間8分49秒で3連覇(全国出場回数は3年連続13回目)、女子(5区間21.0975km)は旭川龍谷が1時間12分26秒で6連覇(同10年連続10回目)を果たした。

男子の札幌山の手は、1区(10km)こそ30分05秒で区間賞を獲得した北海道栄・森春樹(3年)から1分9秒遅れの3位発進となったが、3区(8.195km)を務めたインターハイ5000m2位のキンヤンジュイ・パトリック(3年)が快走。22分55秒の区間賞でトップに立ち、39秒のリードを奪った。さらに4、5区と3連続区間賞で後続との差を拡大。6、7区で2位に浮上した東海大札幌に追い上げられたが47秒差で逃げ切った。

女子の旭川龍谷は1区こそ2位だったが、2~5区は4連続区間賞。2位に5分57秒もの大差をつけて5区(5km)の足澤花南(3年)は悠々とフィニッシュテープを切った。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com