月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

東海大山形が男女優勝 男子は大会新の2時間9分18秒で5連覇、女子はマッチレースを制して3年ぶりの全国切符/山形県高校駅伝

山形県高校駅伝は10月23日、ながい黒獅子ハーフマラソンコースで行われ、男子(7区間42.195km)、女子(5区間21.0975km)ともに東海大山形が優勝した。男子は大会新の2時間9分18秒で5年連続19回目のV(全国出場回数も同じ)。女子は1時間14分39秒で4年ぶり2回目の制覇で、全国大会は地区代表を含め、3年ぶり3回目の出場を果たした。

男子は1区の鎌田匠馬(3年)が2位に51秒差をつけるとその後も独走。3区を務めたインターハイ1500m6位の木村快斗(3年)も、区間賞で先頭をひた走った。終わってみれば、全区間区間賞で2位に4分50秒差をつけた。

女子は1区の星美月(3年)が酒田南に競り勝って区間賞発進。3区まではマッチレースの様相となったが、4区の高橋彩那(3年)と5区の森伽音(3年)が区間賞を奪い、一気にリードを広げた。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com