月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

全日本大学駅伝エントリー発表! 順大・三浦、東洋大・宮下&松山、青学大・岸本らが登録 東海大の石原が外れる

11月7日に開催される第53回全日本大学駅伝のエントリーメンバーが21日に発表された。

前回王者の駒大は主軸を担う田澤廉(3年)や鈴木芽吹、唐澤拓海(ともに2年)らが順当にエントリー。10000mで28分14秒86を持ちながら、10月10日の出雲駅伝でメンバー入りできなかった白鳥哲汰(2年)、同じく5000mで13分40秒99のルーキー・佐藤条二も登録入りした。

出雲駅伝で初出場初優勝を成し遂げた東京国際大は、出走した6人に加え、前々回8区区間賞のルカ・ムセンビ(3年)、経験豊富な芳賀宏太郎(4年)らが名を連ねた。

前回4位で出雲2位の青学大は1年時から主力として活躍してきた岸本大紀(3年)がエントリー。昨シーズンからケガに苦しんできたが、満を持して復活が期待される。

前回6位で出雲3位の東洋大は、出雲不出場の宮下隼人(4年)と松山和希(2年)を登録。出雲路で5区区間賞と活躍したスーパールーキー・石田洸介ら新戦力と融合し、3年ぶりのトップ3返り咲きなるか。

順大は東京五輪3000m障害7位の三浦龍司(2年)をエントリー。早大も10000m27分台トリオの中谷雄飛、太田直希(ともに4年)、井川龍人(3年)、駅伝主将の千明龍之佑(4年)と順当に入った。

一方で、各チームの主力でメンバー外となった選手も。前回2位の東海大は、出雲に続いてエースの石原翔太郎と10000m28分21秒80を持つ松尾昂来(ともに2年)を登録できず。中大は10000mで28分15秒40の千守倫央(3年)が外れた。

学生駅伝日本一を決める全日本大学駅伝は、11月7日の8時05分に号砲が鳴る。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com