月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

青梅マラソンが2022年の開催を延期 安全を確保しながらの運営が困難と判断

青梅マラソンの主催者は14日、2022年2月20日に開催予定の第55回大会開催を見送り、次年度に延期することを発表した。新型コロナウイルス感染症の影響から、ランナー、地元青梅市民、大会スタッフ、ボランティアの安全を確保しながらの大会運営は困難と判断した。記念大会となる第55回大会は当初2021年2月に開催される予定だったが、2年連続での延期となった。

青梅マラソンは1967年に第1回が開催され、東京都青梅市をスタート地点に西多摩郡奥多摩町までの区間を走るロードレース。30kmの部と10kmの部が実施され、過去には高橋尚子、野口みずきらトップ選手が優勝したほか、市民マラソンとしても人気の高いレースとなっている。

また、代替イベントとして、オンラインマラソンの「青梅ロードレース2022バーチャル」を開催することも発表された。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com