月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【出雲駅伝】東京国際大が初出場で初優勝!3区丹所が優勝たぐり寄せる


◇第33回出雲全日本大学選抜駅伝競走(10月10日・島根県出雲市)

駅伝シーズンの幕開けを告げる出雲駅伝が10月10日に行われた。昨年はコロナ禍により中止。2年ぶりの開催となった今大会で、新たな歴史が刻まれた。東京国際大が2時間12分09秒(速報)で、初出場・初優勝を飾った。

勝負が決したのは3区。東京国際大は1区・山谷昌也(3年)がトップの青学大から3位で続くと、2区の佐藤榛紀(1年)も粘りの走りで3位をキープ。8.5kmの3区で日本人エースの丹所健(3年)が魅せる。

丹所は2kmすぎにトップに立つと、そこから一気にリードを広げる。後方では創価大の留学生フィリップ・ムルワが8つ順位を上げて2番手になるが、丹所はしっかりと仕事を果たし、24分12秒で区間2位。創価大に29秒差をつけて独走態勢を築いた。

その後も白井勇佑(1年)、当日変更で入った宗像聖(3年)とそつなくつなぎ、最後は最強の留学生イェゴン・ヴィンセント(3年)が29分21秒で区間賞を獲得し、初優勝のフィニッシュテープを切った。

大志田秀次監督は「1区、2区、3区が良い走りをしてくれて、ヴィンセントに楽をさせられた。残り2つの駅伝で優勝を目指せるチーム作りができている」と喜びとともに手応えを感じている様子だった。

東京国際大は3大駅伝初優勝。これまでは19年度の全日本大学駅伝で4位が最高成績だった。今年の箱根駅伝で10位となり、出雲駅伝は今大会が初出場。出雲駅伝では1回目を除いて初出場での初優勝は初めて。

青学大が2位、東洋大が3位に入り、國學院大が4位だった。

■東京国際大優勝メンバー
1区 山谷昌也(3年)区間3位/23分46秒
2区 佐藤榛紀(1年)区間4位/16分23秒
3区 丹所 健(3年)区間2位/24分12秒
4区 白井勇佑(1年)区間5位/18分59秒
5区 宗像 聖(3年)区間3位/19分29秒
6区 Y.ヴィンセント(3年)区間1位/29分21秒



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com