月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

ダイダン社が田中希実に報奨金贈呈 3月から支援企業の一社に


左からダイダン社の藤澤一郎社長、北野晶平会長、田中希実選手、田中健智コーチ、東京陸協の増田明美会長、平塚和則理事長

 

ダイダン株式会社(本店=大阪市西区)が、2021年3月から競技活動を支援する女子中長距離の田中希実(豊田自動織機TC)に今季の活躍を祝して報奨金の贈呈を行ったことを明らかにした。

さまざまな種目でレースを重ねながらもそのすべてで高いレベルを作り上げ、狙った試合に合わせていく田中。その“従来の常識を超え、距離の異なる種目で世界に挑戦を続けていく姿”に感銘を受けた同社が、長期ビジョン「Stage2030」における“新たなStageに挑戦し価値を創造していく”企業イメージを重ね、支援企業の一社になったことがいきさつ。

東京本社で行われた今回の贈呈式には、田中とコーチを務める父の健智氏、両者の縁をつないだ東京陸協の増田明美会長、平塚和則理事長らが出席。ダイダン社の藤澤一郎社長は「当社は2年後に120周年を迎えます。次のステップに向けた新たな挑戦として、引き続き田中選手を支援したい」とエールを送った。

同社は今後放映予定のテレビCMに田中が出演することを発表。引き続き、支援企業の1つとして競技活動をサポートしていくという。

田中希実(豊田自動織機)
「ダイダンさんとつながりを持たせていただき、これからもっと一緒に大きな活動にしていけるのではないかと自分自身期待していて、今後もっと競技をがんばっていかないといけないな、という風に背中を押していただけたように感じています。まだ今年度いっぱいは大学生という身ですが、今自分ができることに精いっぱい取り組みながら、来年度からの活動にもつなげられたらと思っています」

田中健智コーチ
「ダイダンさんをはじめとするさまざまな方々の支援、サポートのお陰で、今こういった場に田中希実が立てていると改めて強く感じます。こういった殻を打ち破る、常識にとらわれない取り組みに対して、本当に心強い後押しがあったからこそ、大胆な発想で今までできなかったことができたと思います。すべての距離に通じる走りを、同じ時間軸で、そのすべての距離が結びついて一つになるような取り組みをやっていきたいなと今まで思っていて、それがやっとこの夏に一つのかたちにできました。それをまた今後も引き続きサポート、後押ししていただけるような、もっと人を惹きつけるような取り組みをやっていきたいと思います。今後もご支援、ご協力いただけたら幸いに思います」

増田明美 東京陸協会長
「田中さんは同志社大学4年生で卒論も忙しいなか、文武両道で、本当に陸上競技界の宝、至宝です。私たちも彼女の未来を一生懸命応援していきたいと思っています。そんななか、ダイダンさんが後押ししてくれるような盛大な応援をしてくださって本当に心強いです。これからもよろしくお願いします」


タグ:


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com