HOME ニュース、国内

2021.09.26

09年世界選手権メダリストやり投の村上幸史が選手生活に区切り「切磋琢磨してほしい」/全日本実業団
09年世界選手権メダリストやり投の村上幸史が選手生活に区切り「切磋琢磨してほしい」/全日本実業団


◇全日本実業団対抗(9月24~26日/大阪・ヤンマースタジアム長居)3日目

全日本実業団対抗の3日目の男子やり投に、41歳の村上幸史(テック)が出場。68m63の15位で終えた。

2009年ベルリン世界選手権で、男子やり投初のメダルとなる銅メダルを獲得したレジェンドが、大舞台に戻り、そして去る決断をした。「80m超えが過去最高の人数。そこに出られて幸せです」。2016年でリオ五輪を狙って以降、試合への出場は記録会にとどめ、指導・アドバイスを送る側になった。拠点としていた日大を辞し、ここ数年は兵庫で、ディーン元気(ミズノ)や佐藤友佳(ニコニコのり)、寒川建之介(GRAND STONE)ら、トップ選手とトレーニングを積んできた。「トップ選手たちなので指導というのは…僕なりにアドバイスを送る程度です」と謙遜。だが、その選手たちは軒並み好記録を出していたのは決して偶然ではない。

「しっかり終われたかな」。東京五輪シーズンの締めくくりとなった全日本実業団で、競技者として一つの区切りをつけた。試合後、ともに戦ったライバル、日本代表を経験した同志、アドバイスを送る選手たち、後輩が駆けつけ、胴上げされた。

長く、たった1人で男子やり投を牽引。「今は80mを投げないと納得されないようになりました。どうしても一人では行き詰まってしまいますが、トップ選手たちが日本で勝つというより世界で戦うことを見据えて切磋琢磨して、仲良くじゃないけど、ぶつかり合ってくれれば世界に近づいて、次のステップに進む選手が出てくると思います。日本のやり投の選手ならそれができます」。その中で、「自分がやってきたことを伝えられる場があれば」と、惜しみなく経験を伝えていくつもりだ。

今後の試合について聞かれると「ちょっと興味があるのはマスターズ」と村上。「日本のやり投は世界と戦える」。それを体現してきたレジェンドの言葉を、後輩たちはしっかりと胸に刻んでいくことだろう。

◇全日本実業団対抗(9月24~26日/大阪・ヤンマースタジアム長居)3日目 全日本実業団対抗の3日目の男子やり投に、41歳の村上幸史(テック)が出場。68m63の15位で終えた。 2009年ベルリン世界選手権で、男子やり投初のメダルとなる銅メダルを獲得したレジェンドが、大舞台に戻り、そして去る決断をした。「80m超えが過去最高の人数。そこに出られて幸せです」。2016年でリオ五輪を狙って以降、試合への出場は記録会にとどめ、指導・アドバイスを送る側になった。拠点としていた日大を辞し、ここ数年は兵庫で、ディーン元気(ミズノ)や佐藤友佳(ニコニコのり)、寒川建之介(GRAND STONE)ら、トップ選手とトレーニングを積んできた。「トップ選手たちなので指導というのは…僕なりにアドバイスを送る程度です」と謙遜。だが、その選手たちは軒並み好記録を出していたのは決して偶然ではない。 「しっかり終われたかな」。東京五輪シーズンの締めくくりとなった全日本実業団で、競技者として一つの区切りをつけた。試合後、ともに戦ったライバル、日本代表を経験した同志、アドバイスを送る選手たち、後輩が駆けつけ、胴上げされた。 長く、たった1人で男子やり投を牽引。「今は80mを投げないと納得されないようになりました。どうしても一人では行き詰まってしまいますが、トップ選手たちが日本で勝つというより世界で戦うことを見据えて切磋琢磨して、仲良くじゃないけど、ぶつかり合ってくれれば世界に近づいて、次のステップに進む選手が出てくると思います。日本のやり投の選手ならそれができます」。その中で、「自分がやってきたことを伝えられる場があれば」と、惜しみなく経験を伝えていくつもりだ。 今後の試合について聞かれると「ちょっと興味があるのはマスターズ」と村上。「日本のやり投は世界と戦える」。それを体現してきたレジェンドの言葉を、後輩たちはしっかりと胸に刻んでいくことだろう。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

國學院大・高山豪起が全体トップの28分25秒72! 2年の辻原輝が28分27秒93で続く/関東学生網走夏季記録挑戦競技会

関東学生網走夏季記録挑戦競技会は7月14日、網走市営陸上競技場で行われ、男子10000mは高山豪起(國學院大3)が28分25秒72で全体トップとなった。 高山はハイペースでレースを進め、残り2周で留学生を追い抜いて3組1 […]

NEWS 【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

2024.07.14

【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

第78回国スポ選考会・第9回福岡県高校学年別選手権の2日目が行われ、女子ハンマー投で工藤実幸乃(筑豊3)が56m36の高校歴代6位のの好記録をマークした。 工藤は6月のU20日本選手権は54m87で2位。今季のランキング […]

NEWS 400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

2024.07.14

400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

男子400mでパリ五輪代表に内定した中島佑気ジョセフ(富士通)が都内で会見を開き、パリ五輪に向けた意気込みを語った。 日本選手権を連覇した中島。パリ五輪の参加標準記録(45秒00)はクリアできなかったが、ワールドランキン […]

NEWS パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top