月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

萩谷楓が日本人5人目の14分台突入!日本歴代4位の14分59秒36「ひと皮むけた」/全日本実業団


◇全日本実業団対抗(9月24~26日/大阪・ヤンマースタジアム長居)3日目

全日本実業団対抗の3日目、女子5000mで萩谷楓(エディオン)が14分59秒36をマークして日本人トップの4位。日本歴代4位、日本人5人目の14分台に突入した。

萩谷は終始先頭集団を引くレースを展開。「これまでは田中希実さんや廣中璃梨佳さんについていくレースが多かったのですが、今日は引っ張るレースを予想していたので、まったく予想外ではありませんでした」。萩谷は2000mを6分02秒、3000mを9分04秒で通過。「1000mごと、レースを守って進められたのは良かった。ひと皮むけたかなと思います」。最後は外国人選手にスパートで離されたが、しっかり最後まで粘りきった。

東京五輪では15分04秒95の自己新も予選敗退。五輪以降、「夏合宿ではスピード練習をしていなくて、20km、30km走をやっていたので、15分を切るような練習はしていませんでした」。2日前の1500mでも4分11秒34の大会新を出し、今回は自身もビックリの好記録で、「少し余裕のあるメニューが合っているのかな」と振り返る。「まだ何が良かったかはわかりませんし、まぐれかも。走り込んでいるだけでいいとは思っていませんが、オリンピック前は走り込みが少し足りていなかったかな」と、トレーニングについて分析が必要だが、土台が上がっているのは間違いない。

すでに来年の世界選手権の参加標準記録を突破済み。長野東高を卒業してエディオンに進んで実業団3年目。高校時代の同級生の小林成美(名城大)もユージン世界選手権10000mの参加標準記録を突破するなど、お互いに刺激をし合っている。今後は駅伝にシフト。駅伝シーズン、そして来年に向けても大きな弾みのレースとなった。

■女子5000m日本歴代5傑
14.52.84 廣中璃梨佳(日本郵政グループ)21.8.2
14.53.22 福士加代子(ワコール)05.7.8
14.55.83 新谷 仁美(積水化学)20.9.20
14.59.36 萩谷  楓(エディオン)21.9.26
14.59.93 田中 希実(豊田自動織機TC)21.7.30



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com