月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

2年ぶりに全国小学生陸上交流大会開催 東京五輪代表の山縣、寺田が選手にエール送る

9月19日に神奈川県横浜市の日産スタジアムで第37回全国小学生陸上交流大会が行われ、参加を取り止めた沖縄県を除く46都道府県367人がエントリーして、小学生日本一を争った。

昨年はコロナ禍で史上初めて大会が中止となり、今回が2年ぶりの開催。当初は2日間の競技日程で行われる予定だったが、感染拡大防止の観点から男女混合4×100mリレーを実施を取り止めたほか、コンバインドA(80mハードル・走高跳)・B(走幅跳、ジャベリックボール投)の参加人数を各県男女各2名ずつから各1名ずつに制限した。また、来場者には選手を含む全員にPCR検査の陰性証明を求め、入場の際には検温やアルコール消毒も実施するなど、さまざまな感染症対策がとられた。

晴天のなかで行われたレースでは、6年女子100mで岡林結衣(まほろば南国・高知)が従来の小学生最高記録を0秒11上回る12秒56(+1.2)で、2位に0秒44差をつけて圧勝。上位3人が大会記録を更新した女子コンバインドBは藤本茉優(かなざわ総合SC・石川)が2145点(ジャベリックボール投:45m97、走幅跳:4m97(-1.0))で優勝を飾った。6年生男子100mではただ1人11秒となる11秒99(+1.8)をマークした富澤凛(サンビレRC・岩手)が今年の小学生最速スプリンターの称号を手にした。

また、表彰プレゼンターとして、東京五輪代表で男子100m日本記録保持者の山縣亮太(セイコー)と女子100mハードル日本記録保持者の寺田明日香(ジャパンクリエイト)が登場。ともに小学生時代にこの大会に出場しており、山縣は「この大会に出たことが僕自身のスタートラインになっています。今日、出場されたみなさんはさらにがんばって高みを目指してほしい」と話すと、寺田も「この大会から日本代表になった選手はたくさんいます。もっと高いところを目指しながら、いろんな種目に挑戦して、楽しみながら日本代表を目指してほしいと思います」と選手たちにエールを送った。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com