月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

伊藤陸 三段跳で学生初の17m!41年ぶり圧巻の跳躍2冠/日本IC


◇日本インカレ(9月17~19日/埼玉・熊谷スポーツ公園)3日目

第90回日本インカレ、初日の走幅跳を学生歴代10位の8m05(+0.8)で制した伊藤陸(近大高専6)が、最終日には三段跳でビッグパフォーマンスを披露した。

1回目に自己ベストとなる16m51(+1.6)をマークすると、3回目の跳躍後にはガッツポーズが飛び出した。記録は学生歴代5位となる16m82(+0.7)。大会記録まで10cmと迫った。

ドラマはこれで終わらない。4回目の跳躍後には首をかしげたが、計測後にどよめきが起きる。記録は学生初の大台突破となる17m00(+1.3)。日本歴代3位の好記録が誕生した瞬間だった。

「3回目は速度があって、自分が今日跳べたらいいかなという記録(16m後半)が出そうでした。でも4回目はたぶん板を踏んでいない感じだったんです」

日本人3人目の17m台は『予想外』のところから飛び出したと言ってもいいだろう。それでも今回の日本インカレに向けては三段跳に重点を置いて取り組んできたといい、その成果を存分に発揮した。

「ホップ・ステップの距離で11mを超えるのをひとつの目標にしていたんです。3回目は超えることができなかったんですけど、ジャンプがいいかたちでした。今回目指していたステップまでに11mを超えられたのが、4回目の跳躍だったと思います」

昨年はU20日本記録の16m35で優勝して、今年は17m00の学生記録で連覇。来年のユージン世界選手権の参加標準記録(17m14)にもグンと近づいたことになる。さらに中西正美(日体大)以来、41年ぶりとなる走幅跳・三段跳の2冠を達成した。

「両種目で大台に乗せられたのは良かったです。でも世界で戦うためには今の日本の基準ではなくて、もっと上を見ないといけないと思っています。今後も2種目で挑戦する気持ちを曲げるつもりはありません。三段跳はいつでも17mを跳べられるような実力をまずつけたいですね。世界大会に出たことがないので、早く経験して、3年後のパリ五輪をひとつの大きな目標にしたいと思います」

リオ五輪に代表を送り込んでからの5年間、やや記録が停滞気味だった三段跳。歴史を切り開いてきた伊藤の活躍は、日本陸上界の未来を変えるかもしれない。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com