月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

大迫傑と山縣亮太が小中学生向けイベント「Sugar Elite kids」でコラボ、行動・挑戦の大切さ伝える

東京オリンピック男子マラソン6位の大迫傑を発起人とする「Sugar Elite Kids」は、走るスキルのみならず、子供たちの視野を広げ、目標に辿り着くため、夢を叶える上で大切な考え方を伝えるというプロジェクト。9月19日(日)には、ゲストに男子100m日本記録保持者の山縣亮太(セイコー)を迎え、小学生と中学生を対象に横浜市(神奈川)で開催された。

新型コロナ感染予防からオンラインでの開催となったが、日本の短距離と長距離を牽引する山縣、大迫が顔をそろえる貴重な機会となった。

セッションはまずフィジカルレッスンから始まった。「子どもたちって、徒競走とかもあるので、長く走るよりも、短い距離を速く走りたいと思う」(大迫)ということから、山縣が講師役となり、子どもたちに短距離を速く走るコツを伝授。また、動きづくりのドリルを、モニター越しに、みんなで行った。

「もう少し足の真ん中あたりで地面を捉えるように意識すると、お尻の筋肉を使えるようになり、速く走れるようになる」と山縣はアドバイス。このセッションでは、大迫の短距離を走るフォームを見て、山縣が大迫にアドバイスする場面もあった。

後半はコミュニケーションセッション。「夢を叶えるために必要なこととは」をテーマに、みんなで意見を出し合った。大迫は、自身のこれまでの体験を交えながら、夢を叶えるために、行動すること、挑戦することの大切さを子どもたちに伝えた。

約2時間のセッションはあっという間だったが、「みんなバイタリティーにあふれているなって感じました。僕自身にも、子どもたちにも、新しい刺激があったんじゃないかと思います。柔軟な気持ちで、フラットにいろんな物事を考えていかなきゃいけないなと思いました」と、大迫自身が大きな刺激を受けた様子だった。

また、山縣にとっても「実際に身体を動かしたり、僕らが子ども達にたちしてレクチャーをするっていうかたちでしたが、本当に、自分も頭の整理になりましたし、改めて夢について考えてみて、すごく得るものがありました。すごく楽しかったです」と、次なる目標に向けて有意義な時間になったようだ。

「Sugar Elite Kids」は、8月29日の富山県を皮切りに、佐賀県、仙台(宮城)、浜松(静岡)、いわき(福島)、横浜(神奈川)と続き、今後も、熊本、西宮(兵庫)、高知県、札幌(北海道)と、全国各地で開催される。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com