HOME ニュース、国内

2021.09.10

17年世界選手権男子50kmW銅メダリスト・小林快が今季限りで現役引退
17年世界選手権男子50kmW銅メダリスト・小林快が今季限りで現役引退


2017年ロンドン世界選手権男子50km競歩の銅メダリストの小林快(新潟アルビレックスRC)が9月10日、所属先を通じて今季限りでの現役引退を発表した。

小林は秋田県出身。秋田工高時代は長距離選手の傍ら、1年時から競歩にも取り組み、3年生だった10年沖縄インターハイ5000m競歩で2位。また、同年の全国高校駅伝にも出場し、6区を区間17位で駆け抜けた。

早大に入学すると当初は箱根駅伝出場を目指していたが、2年生の途中から競歩を再びはじめ、12年日本インカレ10000m競歩で4位。14年日本学生個人選手権10000m競歩で初の全国優勝を飾り、同年日本インカレ10000m競歩は2位という成績を収めた。卒業前の15年2月全日本競歩能美大会20kmでは1時間19分12秒の自己ベストで4位に入っている。

15年に春にビックカメラに入社。16年10月の全日本50km競歩高畠大会で初50kmながら優勝した。翌年のロンドン世界選手権代表に選出され、本番では3時間41分19秒の自己新で銅メダルを獲得し、銀メダルの荒井広宙(自衛隊体育学校/現・富士通)とともに表彰台に上がった。

19年春に新潟アルビレックスRCへ移籍。東京五輪代表を目指したものの、代表選考会となった今年4月の日本選手権50kmで3位に終わって代表補欠にとどまり、本番は出場することはなかった。

小林は所属先を通じて「たくさんのサポートと協力し合う仲間たちがいたからこそ、実現できたことだと痛感しています。周りがやっているから、先人がやってきたからではなく、今自分に本当に必要なことを常に考え、そして体現してきたことが私の競技人生最大の誇りです。オリンピックでメダルを獲得するという目標を達成することはできませんでしたが、自分としてもこれ以上なかったと胸を張れる取り組みをしてくることができました。目標とする大会が1年延びるという中でも変わらずのサポートをしてくださったことは、感謝してもしきれません。これからも陸上競技に携わって参りたいと思います。いつも温かく応援してくださった皆様、本当にありがとうございました」とコメントしている。

9月25日の全日本実業団対抗選手権5000m競歩(大阪・ヤンマースタジアム長居)にエントリーしており、現役ラストレースとなる見込み。

2017年ロンドン世界選手権男子50km競歩の銅メダリストの小林快(新潟アルビレックスRC)が9月10日、所属先を通じて今季限りでの現役引退を発表した。 小林は秋田県出身。秋田工高時代は長距離選手の傍ら、1年時から競歩にも取り組み、3年生だった10年沖縄インターハイ5000m競歩で2位。また、同年の全国高校駅伝にも出場し、6区を区間17位で駆け抜けた。 早大に入学すると当初は箱根駅伝出場を目指していたが、2年生の途中から競歩を再びはじめ、12年日本インカレ10000m競歩で4位。14年日本学生個人選手権10000m競歩で初の全国優勝を飾り、同年日本インカレ10000m競歩は2位という成績を収めた。卒業前の15年2月全日本競歩能美大会20kmでは1時間19分12秒の自己ベストで4位に入っている。 15年に春にビックカメラに入社。16年10月の全日本50km競歩高畠大会で初50kmながら優勝した。翌年のロンドン世界選手権代表に選出され、本番では3時間41分19秒の自己新で銅メダルを獲得し、銀メダルの荒井広宙(自衛隊体育学校/現・富士通)とともに表彰台に上がった。 19年春に新潟アルビレックスRCへ移籍。東京五輪代表を目指したものの、代表選考会となった今年4月の日本選手権50kmで3位に終わって代表補欠にとどまり、本番は出場することはなかった。 小林は所属先を通じて「たくさんのサポートと協力し合う仲間たちがいたからこそ、実現できたことだと痛感しています。周りがやっているから、先人がやってきたからではなく、今自分に本当に必要なことを常に考え、そして体現してきたことが私の競技人生最大の誇りです。オリンピックでメダルを獲得するという目標を達成することはできませんでしたが、自分としてもこれ以上なかったと胸を張れる取り組みをしてくることができました。目標とする大会が1年延びるという中でも変わらずのサポートをしてくださったことは、感謝してもしきれません。これからも陸上競技に携わって参りたいと思います。いつも温かく応援してくださった皆様、本当にありがとうございました」とコメントしている。 9月25日の全日本実業団対抗選手権5000m競歩(大阪・ヤンマースタジアム長居)にエントリーしており、現役ラストレースとなる見込み。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

NEWS マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

2024.06.19

マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

陸上界のレジェンドとして1990年代から2000年代に活躍したマイケル・ジョンソン氏(米国)の主催する陸上リーグの詳細が6月19日に発表された。「グランドスラム・トラック」と銘打たれ、25年に開始される予定となっている。 […]

NEWS 女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、森本麻里子(オリコ)が13m37(+2.5)で9位に入った。 昨年のブダペスト世界選手権代表の森本 […]

NEWS ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、男子100mでは東京五輪金メダルのL.M.ジェイコブス(イタリア)が9秒92(+1.5)で優勝した […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top