月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

ハッサン10000mVで2冠達成!2つの金、1つの銅メダル獲得


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技9日目

陸上競技9日目イブニングセッション、女子10000m決勝。S.ハッサン(オランダ)とL.ギデイ(エチオピア)の世界記録保持者対決に大きな注目が集まった。

10000mは今年6月6日にハッサンが29分06秒82の世界新。ところがその2日後にギデイが29分01秒03と更新した。ドーハ世界選手権でも直接対決となり、その際はハッサンが圧巻のスパートで抑えて優勝していた。

レースはギデイが先頭を引き、ハッサンはいつものように様子をうかがう。終盤は2人とバーレーンのK.ゲザヘンの三つ巴に。残り150mを切って二人が一気にスパートし、接触もあった。一瞬ギデイがバランスを崩した瞬間に、ハッサンが一気に抜け出し29分55秒32で優勝。ゲザヘンが2位、ギデイは3位だった。

ハッサンはこれで5000mとの2冠。1500mでも銅メダルと、3つのメダルを獲得。これは史上初のことだった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com