月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

安藤友香、感謝の10000m「この経験を無駄にせず」再びマラソン挑戦へ


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技9日目

陸上競技9日目イブニングセッション、女子10000m決勝に出場した安藤友香(ワコール)は32分40秒77で22位に終わった。

元々はマラソンで東京五輪を目指してきた安藤。だが、出場権を得られず選んだ道は10000mへの挑戦だった。今年5月の日本選手権。残り2枠ある切符を目指して走り、廣中に続いて2位に入った。参加標準記録を持っていなかった安藤にとって最後のチャンス。31分18秒18で突破し、涙の内定を勝ち取った。

レースについては「ただただ、ふがいない走りをしてしまった」と安藤。序盤から遅れてしまい、見せ場はなかった。ただ、急ピッチで仕上げてこの舞台に立ったのは誇れるもの。

「10000mに切り替えてからサポートしていただき、周りの方々の支えがあってここに立てました。感謝の気持ちを伝えたいです。人生でとても貴重な経験をさせていただきました」

そして、「この経験を無駄にしないように。またマラソンにも挑戦したい」と、再びのマラソンに向けてスタートを切った。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com