月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子マイルリレー米国が7連覇!アリソン・フェリックス女子史上最多7つの金メダルで五輪有終の美


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技9日目

陸上競技9日目イブニングセッション、女子4×400mリレー決勝が行われ、米国が7連覇を達成。世界パフォーマンス歴代5位の3分16秒85で圧巻のタイムは21世紀に入って最速となる。1走に400mハードル世界記録保持者S.マクラフリン、2走にアリソン・フェリックス、3走には400mハードル2位のD.ムハンマド、そしてアンカーは800m優勝のA.ムーというメダリストがズラリ並んだ。

アリソン・フェリックスはこれで女子史上最多7つめの金メダル、合計11個目のメダルとなり、自身最後のオリンピックで有終の美を飾った。フェリックスは今年35歳で、18年に愛娘カムリンちゃんを出産。今大会が「最後のオリンピック」と明言し、来年のユージン世界選手権(米国)への挑戦を最後に一線を退くことを表明している。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com