HOME 東京五輪、日本代表、五輪
20km競歩・池田向希、山西利和が表彰式から一夜明けメダリスト会見「競歩知ってもらって魅力伝えたい」
20km競歩・池田向希、山西利和が表彰式から一夜明けメダリスト会見「競歩知ってもらって魅力伝えたい」


写真/時事

東京五輪男子20km競歩で銀メダルを獲得した池田向希(旭化成)と銅メダリストの山西利和(愛知製鋼)がメダリスト会見に出席した。レースから中1日、前日には国立競技場でメダルセレモニーが行われメダルが授与。堂々と胸にかけて会見に臨んだ。

池田は「今までやってきたことをすべて出そうと思って臨みました。目指していたメダル獲得ができてよかったです」と喜びを語る。山西は「金メダルを目指してやってきていたので結果としてそうではなかったのは少し残念ですが、これも一つの結果。やってきたことのかたちだと思うので受け止めて次ぎに向かっていきたい」と述べた。

メダルを首にかけ「重たいメダルをかけて、より銀メダルを取ったんだなと実感が湧いてきました」という池田。「上には上がいるので、満足せずに取り組んでいきたい」と世界一を見据える。

暑さが心配されたが、「暑熱対策をして身体の内外から冷やしました。後半は影響しませんでした」(池田)、「極端ではなかったので、暑熱対策のメソッドで対応できた」(山西)と、19年ドーハ世界選手権も含めてデータと現象を分析して対応してきたチームJAPANの取り組みが実り、「だからこそメダルが2つ取れた」と山西はスタッフ陣に感謝した。

「陸上競技の中でもまだまだマイナー」と池田。「こうして結果を出して、少しでも競歩を知ってもらって、魅力を伝えられれば」と話す。山西は「僕もですが競歩はあまりスポーツが得意ではない人がやっていることが多い。苦手でもスポーツをやりたい人が、毎日積み重ねていくことで結果が出る競技。高校生、若い世代の選手がチャレンジしてくれるとうれしいです」と、競歩界への思いを語る。

ドーハ世界選手権では山西が金メダル、池田が6位。50km競歩でもドーハは鈴木雄介(富士通)が優勝し、今大会は池田の同期・川野将虎(旭化成)が6位入賞と、今ではメダルを期待される種目となった競歩。だが、「こうして世界のトップで戦えているのは指導者の方々や先輩たちが築き上げてくださってきたから。その感謝の気持ちを持ち続けたい」と池田は言う。

日本の競歩をもっと強く、もっと魅力的に。五輪メダリストとなった2人を中心に、先人たちの思いを受け継ぎ、発展させていく。

写真/時事 東京五輪男子20km競歩で銀メダルを獲得した池田向希(旭化成)と銅メダリストの山西利和(愛知製鋼)がメダリスト会見に出席した。レースから中1日、前日には国立競技場でメダルセレモニーが行われメダルが授与。堂々と胸にかけて会見に臨んだ。 池田は「今までやってきたことをすべて出そうと思って臨みました。目指していたメダル獲得ができてよかったです」と喜びを語る。山西は「金メダルを目指してやってきていたので結果としてそうではなかったのは少し残念ですが、これも一つの結果。やってきたことのかたちだと思うので受け止めて次ぎに向かっていきたい」と述べた。 メダルを首にかけ「重たいメダルをかけて、より銀メダルを取ったんだなと実感が湧いてきました」という池田。「上には上がいるので、満足せずに取り組んでいきたい」と世界一を見据える。 暑さが心配されたが、「暑熱対策をして身体の内外から冷やしました。後半は影響しませんでした」(池田)、「極端ではなかったので、暑熱対策のメソッドで対応できた」(山西)と、19年ドーハ世界選手権も含めてデータと現象を分析して対応してきたチームJAPANの取り組みが実り、「だからこそメダルが2つ取れた」と山西はスタッフ陣に感謝した。 「陸上競技の中でもまだまだマイナー」と池田。「こうして結果を出して、少しでも競歩を知ってもらって、魅力を伝えられれば」と話す。山西は「僕もですが競歩はあまりスポーツが得意ではない人がやっていることが多い。苦手でもスポーツをやりたい人が、毎日積み重ねていくことで結果が出る競技。高校生、若い世代の選手がチャレンジしてくれるとうれしいです」と、競歩界への思いを語る。 ドーハ世界選手権では山西が金メダル、池田が6位。50km競歩でもドーハは鈴木雄介(富士通)が優勝し、今大会は池田の同期・川野将虎(旭化成)が6位入賞と、今ではメダルを期待される種目となった競歩。だが、「こうして世界のトップで戦えているのは指導者の方々や先輩たちが築き上げてくださってきたから。その感謝の気持ちを持ち続けたい」と池田は言う。 日本の競歩をもっと強く、もっと魅力的に。五輪メダリストとなった2人を中心に、先人たちの思いを受け継ぎ、発展させていく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

NEWS パリ五輪TVスケジュール

2024.07.12

パリ五輪TVスケジュール

8月1日(木) NHK 14:30~ 男子20kmW、女子20kmW 8月2日(金) TBS系 24:30~29:30 男子10000m決勝 8月3日(土) フジテレビ系 25:00~29:30 女子100m決勝 8月4 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top