月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

決勝、日本は9レーン!ジャマイカ、中国、カナダ、英国らとメダル懸け6日夜決戦


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技7日目

陸上競技7日目のモーニングセッション、男子4×100mリレー予選で、日本は1組3着で通過。2組目で米国が敗れる波乱があった。

決勝のレーンが発表され、6大会連続決勝の日本は大外の9レーンに。予選全体トップのジャマイカは5レーン、2組目トップ通過の中国は7レーン。カナダが4レーン。日本は大外から2大会連続メダルに向けて「チーム一丸となってベストレース」(山縣亮太)で挑むことに。

6日22時50分、決戦の火蓋が切って落とされる。

●決勝のレーン
2 ガーナ
3 ドイツ
4 カナダ
5 ジャマイカ
6 英国
7 中国
8 イタリア
9 日本



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com