HOME 東京五輪、日本代表、五輪
2大会ぶり五輪の女子4継が健闘!日本歴代2位、五輪最高の43秒44の好走
2大会ぶり五輪の女子4継が健闘!日本歴代2位、五輪最高の43秒44の好走


写真/時事

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技7日目

陸上競技7日目のモーニングセッション、女子4×100mリレー1組に日本が出場。7着で予選敗退となったものの、日本歴代2位となる43秒44の好記録をマーク。日本記録に0.05秒まで迫り、五輪日本チーム最高記録だった。

世界リレーで2大会ぶりの五輪出場権を獲得した日本は、その時と同じ、青山華依(甲南大)、兒玉芽生(福岡大)、齋藤愛美(大阪成蹊大)、鶴田玲美(南九州ファミリーマート)のオーダーで臨んだ。

青山が素晴らしいスタートを見せると、日本選手権2冠で100m11秒35のベストを持つエースの兒玉も快走。2、3走の同学年バトンは少し詰まり気味となったが、齋藤も懸命に前を追い、鶴田がブレのない走りで7着を死守した。

青山は「納得のいく走りができました」と言い、兒玉も「自信を持ってスタートに立てた」と胸を張る。「兒玉がしっかり渡してくれた。チームワークが強み」とは齋藤。最年長24歳の鶴田は「目標だった日本記録に及ばなかったのは悔しい」。東京五輪という特別な舞台に、ほぼ不可能なところから出場までたどり着いたことは日本女子短距離界にとって大きい。「関係者の方々のお陰」と声をそろえたように、チーム一丸で勝ち得た舞台だった。

日本がこれまで出場したのは1932年ロス五輪、64年東京五輪、2012年ロンドン五輪。近年は福島千里(セイコー)が長く牽引してきた日本女子スプリントだが、その後に続く選手がなかなか現われず、前回リオ五輪も出場ならなかった。その時に五輪出場にチャレンジしていたのが当時高2の齋藤だった。

福島が牽引してきたからこそ、ギリギリでつながった日本スプリントの歴史のバトン。来年のドーハ世界選手権の出場権も獲得済み。先人たちの思いをつなぐためにも、この火を絶やしてはいけない。

●女子4×100mR日本歴代
43.39 北風、高橋、福島、市川11年
43.44 青山、兒玉、齋藤、鶴田21年
43.58 北風、福島、渡辺、高橋09年
43.61 渡辺、土井、福島、高橋15年
43.67 石田、信岡、福島、高橋08年

写真/時事 ◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技7日目 陸上競技7日目のモーニングセッション、女子4×100mリレー1組に日本が出場。7着で予選敗退となったものの、日本歴代2位となる43秒44の好記録をマーク。日本記録に0.05秒まで迫り、五輪日本チーム最高記録だった。 世界リレーで2大会ぶりの五輪出場権を獲得した日本は、その時と同じ、青山華依(甲南大)、兒玉芽生(福岡大)、齋藤愛美(大阪成蹊大)、鶴田玲美(南九州ファミリーマート)のオーダーで臨んだ。 青山が素晴らしいスタートを見せると、日本選手権2冠で100m11秒35のベストを持つエースの兒玉も快走。2、3走の同学年バトンは少し詰まり気味となったが、齋藤も懸命に前を追い、鶴田がブレのない走りで7着を死守した。 青山は「納得のいく走りができました」と言い、兒玉も「自信を持ってスタートに立てた」と胸を張る。「兒玉がしっかり渡してくれた。チームワークが強み」とは齋藤。最年長24歳の鶴田は「目標だった日本記録に及ばなかったのは悔しい」。東京五輪という特別な舞台に、ほぼ不可能なところから出場までたどり着いたことは日本女子短距離界にとって大きい。「関係者の方々のお陰」と声をそろえたように、チーム一丸で勝ち得た舞台だった。 日本がこれまで出場したのは1932年ロス五輪、64年東京五輪、2012年ロンドン五輪。近年は福島千里(セイコー)が長く牽引してきた日本女子スプリントだが、その後に続く選手がなかなか現われず、前回リオ五輪も出場ならなかった。その時に五輪出場にチャレンジしていたのが当時高2の齋藤だった。 福島が牽引してきたからこそ、ギリギリでつながった日本スプリントの歴史のバトン。来年のドーハ世界選手権の出場権も獲得済み。先人たちの思いをつなぐためにも、この火を絶やしてはいけない。 ●女子4×100mR日本歴代 43.39 北風、高橋、福島、市川11年 43.44 青山、兒玉、齋藤、鶴田21年 43.58 北風、福島、渡辺、高橋09年 43.61 渡辺、土井、福島、高橋15年 43.67 石田、信岡、福島、高橋08年

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.17

ぴあ株式会社が東京世界陸上とスポンサー契約を締結 多くの大規模イベントでチケッティングサービスの実績

東京2025世界陸上財団は6月178日、ぴあ株式会社とスポンサー契約を締結したことを発表した。これまで多くのイベントでチケットの販売や入場管理業務の実績を持つ同社は、2025年に開催される東京世界陸上をサポートしていくと […]

NEWS ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

2024.06.17

ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

6月14日、エチオピアの10000m五輪トライアルがスペイン・ネルハで開催され、男子10000mではドーハ世界選手権銀メダルのY.ケジャルチャが今季世界最高、世界歴代7位の26分31秒01で優勝した。 ケジャルチャは東京 […]

NEWS ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

2024.06.17

ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

6月14~15日、ケニア・ナイロビでケニアの五輪選考会が開催され、男子800mではブダペスト世界選手権銀メダルのE.ワニョニイが世界歴代3位の1分41秒70で優勝した。 19歳のワニョニイは、昨年の世界選手権銀メダリスト […]

NEWS 男子走高跳・全中王者の清水怜修がジャンプオフ制す 山﨑天心が短距離2冠 女子200mは同記録V/IH南関東

2024.06.17

男子走高跳・全中王者の清水怜修がジャンプオフ制す 山﨑天心が短距離2冠 女子200mは同記録V/IH南関東

◇インターハイ南関東地区大会(6月14~17日/東京・駒沢陸上競技場、大井陸上競技場)3日目 夏の福岡インターハイ出場を懸けた南関東地区大会の3日目が行われ、酷暑の中でも多くの好勝負が生まれ、男子走高跳は1位と6位に2人 […]

NEWS 400mH・川上大智が51秒95で制す!大会新Vの400mと2冠 女子100m大石夕月が11秒台で優勝/IH四国

2024.06.17

400mH・川上大智が51秒95で制す!大会新Vの400mと2冠 女子100m大石夕月が11秒台で優勝/IH四国

インターハイ四国地区大会(6月15日~17日/高知・春野総合運動公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた四国地区大会の2日目が行われ、男子400mハードルでは川上大智(観音寺総合3香川)が51秒95で優勝。2年連 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top