月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

現役最後のマラソンに挑む大迫傑「充実したトレーニングできた。100%出したい」


東京五輪のマラソン日本代表の公式会見が行われ、大迫傑(Nike)が取材に答えた。

衝撃の発表から約1週間。五輪マラソン代表の大迫には充実感と緊張感が漂う。自身のSNSを通して「8月8日のマラソンを現役選手としてのラストレースにします」と、五輪を最後に一線を退く意向を発表した。

あえて『引退』という言葉は使わなかった。「きれいな言葉で出していく。引退という言葉ではなく意志だったり、こういうふうに競技しているんだよというふうに思ってくれれば」。

長野・佐久長聖高、早大とエリート街道を突っ走ってきた。トラックでもマラソンでも日本新。オリンピックも世界選手権も経験した。30歳で迎えた東京五輪。マラソンは札幌開催となったとはいえ東京都出身の大迫にとって特別な舞台を「ゴール」と位置づけたのは自然なことだったのかもしれない。

「ずっとケニア、アメリカでトレーニングをしてきました。順調で充実したトレーニングができたと思います」。何かにフォーカスするのではなく、「バランス良くやってきた」。大一番を控えるが、「結果と同じくらい、プロセスに価値がある。競技面だけでなく、人生の枠を広げることが大切だと思っていますし、大きな大会に直面して、少しずつ成長していることに大きな喜びを感じています」と、ここに来るまでの日々を振り返る。

自信があるかと聞かれれば、「レース前は常に不安。つらさに直面しないといけないですし、心の準備でいっぱいいっぱい」と大迫。それでも、「準備に関しては充実したものができた」と手応えを感じている。

現役最後のマラソンまであと4日。「いろんな感情はありますが、客観視している部分もある。いつも通りを心掛けて4日間を過ごします」。目標はどこにあるのだろうか。

「順位、結果はもちろん大切だけど、レースが終わった時に自分が『頑張り切れた』と思える、そんなレースにしたい」

おそらく、一線を退いてもさまざまな活動を通して挑戦を続けていくだろう。だが、「稀代のランナー・大迫傑としての最後のチャレンジ」が、もう間もなくスタートする。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com