月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

21歳・泉谷駿介110mH世界のファイナルへあと0.03秒「現実を受け入れられない」


写真/時事
陸上競技6日目のモーニングセッション。男子110mハードル準決勝に泉谷駿介(順大)が臨んだ。目指すのは日本人初となる夢のファイナル。13秒06の日本記録を持つ泉谷にとっては夢ではなく現実に捉えられる位置にいた。

最終3組目。2着通過、もしくは3着以下の記録上位2名。2組目終了時点でそのラインは13秒32。難題ではなかった。

泉谷は持ち味の加速で一気にスタートから飛び出した。だが、1台目でハードルに脚ぶつけてバランスを崩すと、いつものような爆発力が出せない。それどころか何度もハードルに脚をぶつけ、普通であれば転倒しそうなほど。それでも驚異的な踏み込みで耐えきり3着を死守した。

タイムは――13秒35(-0.1)。あとわずか0.03秒足りなかった。21歳の夏が幕を閉じた。

「現実を受け入れられないです」。何度も転倒しそうになりながら「最後まであきらめないように走った」。おそらく、あれだけバランスを崩して失速しながら13秒3台で走れる選手は世界中を探しても、ほとんどいないだろう。それでも、決勝に届かなかったのは事実。

これまで110mハードルでは、U20選手権ユニバーシアードで銅メダルを獲得するなど、国際大会でも強さを見せてきた。その泉谷でも、いつも通りの走りができないのがオリンピックなのか。

「しっかり集中できていない部分があったかもしれません。こういう結果になって残念。すごく悔しいですけど、パリ五輪に向けてしっかり練習していきたい」

まだ21歳。泉谷であれば、この0.03秒を埋めるにそれほど時間はかからない。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com