月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

早大・山内大夢 400mH初出場で準決勝「夢の舞台で貴重な経験できた」


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技3日目

陸上競技3日目のイブニングセッション、男子400mハードル準決勝に山内大夢(早大)が出場。49秒35の6着で決勝進出はならなかった。

山内は2日前の予選で49秒21をマークして3着に入り準決勝進出。自己記録は48秒84だったが、48秒台を出すことはできなかった。

「予選の反省を踏まえたレースをしたかった。それができたかというとラストでいっぱいいっぱいになってしまいました」と山内。「どちらか1本は自己ベストを出したかった。たりないところがあるということ」と振り返る。

大学4年生で立った五輪の準決勝。「スタートラインに立ったときは夢の舞台に立てて信じられない気持ちでしが、終わると自分の力を出し切れなかった悔しさがあります」。まだまだこれからのホープ。「貴重な経験をできたので、今後に生かしていきたいです」と語った。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com