月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

棒高跳の山本聖途 3度目の五輪で記録残すも決勝進めず「この大会で終わりじゃない」


写真/時事

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技2日目

陸上競技2日目のモーニングセッション、男子棒高跳予選に臨んだ山本聖途(トヨタ自動車)は予選敗退に終わった。

ロンドン、リオに続いて3大会連続出場の山本。これまでの2大会は記録なしに終わっていただけに、5m30を1回で成功させてホッと一息をついた。

だが、続く5m50をクリアできず。「決勝に行くことが目標だった」と悔しさをにじませ、「本当に悔しいというだけで終わってしまったが、支えてくれた人たちや、こんな状況の中で五輪を開いていただいたことへの感謝の気持ちがあります」と続けた。

5m77(室内)の自己ベストを跳んだのが2016年。それから5年自己記録は更新できていないが、第一人者として海外転戦するなどして技術を磨いてきた。

「この大会で終わりじゃない。まだ恩返しができていないのでできるように」と前を向いた。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com