月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

棒高跳・初五輪の江島雅紀は5m30で予選敗退「楽しさと悔しさ半々」


写真/時事

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技2日目

陸上競技2日目のモーニングセッション、男子棒高跳の江島雅紀(富士通)が予選に出場。5m30は1回でクリアしたものの5m50を跳べずに決勝進出はならなかった。

向かい風に苦戦し、「マックスポールを使っても流れてしまった。追い風だったら……」と江島。ワールドランキングの出場枠ぎりぎり32番目での出場で、「記録をしっかり残せたのはよかった。楽しさと悔しさ半々」と初のオリンピックを振り返る。

4年前は大学時代のコーチであり、チームメイトでもある澤野大地が7位入賞。そこには届かなかったが、しっかりオリンピック出場は果たした。

高校時代から数々の記録を塗り替え、ジュニア時代には世界記録保持者のA.デュプランティス(スウェーデン)とも競り合ってきた江島。「競技人生最大の目標」と公言してきた東京五輪に出場が決まったことで「ホッとした部分はあった」というのも本音だが、「次の世界大会も」とモチベーションもさらに高まっていた。

「今日、新たなリスタート。世界選手権、パリ五輪で戦えるようにしたい」と、22歳の大器は気持ちを新たにしていた。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com