月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

5000m廣中璃梨佳が決勝進出!自己新の14分55秒87「怖い物知らずで積極的に」


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技1日目

陸上競技1日目のイブニングセッション、女子5000m予選1組に出場した廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が組9着に入ったが、14分55秒87の自己新をマーク。自らの持つ日本歴代3位を更新、国際大会日本人最高記録だった。なお、来年のユージン世界選手権の参加標準記録も突破。2組目の結果、タイムで拾われる5人に入ったため決勝進出を決めた。

廣中は「初のオリンピックだったので、私らしく怖い物知らずで、積極的にいこうという流れで行きました」と、序盤から先頭を引く。1000mを3分ちょうど、2000m5分59秒で通過する。3000m手前にややペースが上がり3番手で追走する。

残り2周でアフリカ勢がペースを上げ、廣中はやや苦しい表情になるが、ここからが廣中の持ち味の粘り。「もう一段階上げたかったというのが本音」と言うが、首を振りながら懸命にフィニッシュを駆け抜けた。

決勝は8月2日21時40分に行われる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com