月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

5000m予選・萩谷楓 予選敗退も日本歴代6位の15分04秒95の自己新!


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技1日目

陸上競技1日目のイブニングセッション、女子5000m予選1組の萩谷楓(エディオン)は12着。決勝進出はならなかったが、15分04秒95の自己新をマークした。この記録は日本歴代6位に入る。また、来年のユージン世界選手権の参加標準記録(15分10秒00)を突破した。

萩谷は序盤4番手あたりを追走。3000mを前にややペースが上がると先頭集団の後方に。それでも最後はしっかりと粘りきった。

「国内では味わうことができない感覚」と萩谷。「弱さが出てしまった」とは言うものの、「たくさんの経験ができ、今後につながるレースができました。自分自身、大きくなれたと思います」と笑顔を見せた。

萩谷は長野東高出身で高卒3年目の20歳。東京五輪の参加標準記録は突破できなかたが、内定した新谷仁美(積水化学)が10000mに専念するため辞退したことで、ワールドランキングにより出場権を獲得した。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com