月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

400mH日本チャンプ20歳の黒川和樹は予選敗退 持ち味の前半攻められず


◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技1日目

陸上競技1日目のモーニングセッション、男子400mハードル予選が行われ、4組目に入った日本選手権王者の黒川和樹(法大)は50秒30で6着となり、予選敗退が決まった。

「上り調子できていて、練習でも噛み合っていた」とコンディション面では良好だったというが、持ち味の前半から遅れて自分のレースをできず。「東京開催ということで声をかけてもらって勇気づけられたが、答えることができず申し訳ない」と絞り出した。

昨年から急成長を遂げ、48秒68まで自己記録を短縮。日本選手権も制して初の国際大会となる五輪に臨んだ。それでもまだ20歳。「次の世界大会、五輪に向けてまた磨きをかけていきたい。日本記録を塗り替えて決勝を目指したい」と語った。

400mハードルは山内大夢(早大)が8月1日の21時過ぎに行われる準決勝へ進出した。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com