月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

ジャマイカが五輪代表選手を発表 女子100mはフレイザー・プライス 男子100mはブレイクらがエントリー


7月1日、ジャマイカの東京五輪選手団が発表された。全61選手が選出され、女子100m・200mのS.-A.フレイザー・プライスが主将としてチームを率いる。

100mから400mまでの短距離種目には男女ともに3名がエントリー。女子はフレイザー・プライス、E.トンプソン・ヘラーとS.ジャクソンが、男子はY.ブレイクが100mと200mの両種目に出場する。

また、男子110mハードルで16年リオ五輪・17年ロンドン世界選手権の金メダリストで、今季世界2位の13秒01を出しているO.マクレオドは6月末の選考会でバランスを崩して16秒22の8位に敗れたため代表に選ばれていない。ほかにも女子100nハードルでは15年北京世界選手権金メダルのD.ウィリアムズが選考会4位(12秒79)と3位以内に入れず、補欠選手として登録されている。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com