月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

実業団・学生対抗に山縣、デーデー、江島ら東京五輪代表組がエントリー


日本実業団連合と日本学生連合は、主催する2021オールスターナイト陸上(秩父宮賜杯第61回実業団・学生対抗陸上競技大会/7月17日・平塚)のエントリー選手を発表した。

男子100mは、実業団チームに山縣亮太(セイコー)、学生チームにデーデー・ブルーノ(東海大)がそれぞれエントリー。他にも、男子棒高跳の江島雅紀(富士通)、女子100mハードルに木村文子(エディオン)と、東京五輪代表が登録している。

実業団・学生対抗は各種目3名ずつで争われ、最終種目は100m+200m+300m+400mリレー(メドレーリレー)で締めくくるナイター大会。普段の大会とは違った雰囲気が楽しめる競技会となっている。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com