HOME 東京五輪、日本代表、五輪
東京五輪参加資格の世界ランキングが更新 5000m松枝、棒高跳・江島、3000m障害・山中らが出場圏内に 内定者発表は明日以降
東京五輪参加資格の世界ランキングが更新 5000m松枝、棒高跳・江島、3000m障害・山中らが出場圏内に 内定者発表は明日以降


世界陸連の東京五輪に向けたワールドランキングが更新され、6月27日まで行われていた日本選手権の結果が反映された。

東京五輪の出場資格は、(1)参加標準記録突破、各種目のターゲットナンバー(出場枠)に参加標準記録突破者が満たない場合は、(2)ワールドランキングの上位順、で出場権が与えられる。ワールドランキングは各種目2~5つの競技会において、記録スコアと順位スコア(大会カテゴリーによって異なる)によるポイントを平均したもので順位付けされる。

日本選手権の結果から、男子5000mで2位の松枝博輝(富士通)、同3位の坂東悠汰(富士通)、棒高跳2位の江島雅紀(富士通)、女子1500m2位の卜部蘭(積水化学)、3000m障害優勝の山中柚乃(愛媛銀行)がターゲットナンバー内に浮上した。

また、女子5000mと10000mで参加標準記録を突破して内定している新谷仁美(積水化学)だが、5000mのワールドランキングから削除されていることから10000mに絞ることが濃厚。変わって萩谷楓(エディオン)が出場枠圏内に入った。

一方、女子100mハードルの木村文子(エディオン)は出場圏内から外れ、わずか1ポイント差でターゲットナンバー40の次ぎの41位となった。また、3000m障害の吉村玲美(大東大)も大会前はターゲットナンバー内だったが、他国の結果などもあり出場圏外へ。

最終的には世界陸連から7月1日以降に正式に出場権獲得者が発表され、日本陸連がその発表を踏まえ、選考要項に沿って代表選手を内定する。また、その後、辞退者などが出た場合は繰り上がりで出場権を得られる可能性も残されている。なお、27日までの日本選手権で参加標準記録突破者+3位以内の選手は内定済み。

世界陸連の東京五輪に向けたワールドランキングが更新され、6月27日まで行われていた日本選手権の結果が反映された。 東京五輪の出場資格は、(1)参加標準記録突破、各種目のターゲットナンバー(出場枠)に参加標準記録突破者が満たない場合は、(2)ワールドランキングの上位順、で出場権が与えられる。ワールドランキングは各種目2~5つの競技会において、記録スコアと順位スコア(大会カテゴリーによって異なる)によるポイントを平均したもので順位付けされる。 日本選手権の結果から、男子5000mで2位の松枝博輝(富士通)、同3位の坂東悠汰(富士通)、棒高跳2位の江島雅紀(富士通)、女子1500m2位の卜部蘭(積水化学)、3000m障害優勝の山中柚乃(愛媛銀行)がターゲットナンバー内に浮上した。 また、女子5000mと10000mで参加標準記録を突破して内定している新谷仁美(積水化学)だが、5000mのワールドランキングから削除されていることから10000mに絞ることが濃厚。変わって萩谷楓(エディオン)が出場枠圏内に入った。 一方、女子100mハードルの木村文子(エディオン)は出場圏内から外れ、わずか1ポイント差でターゲットナンバー40の次ぎの41位となった。また、3000m障害の吉村玲美(大東大)も大会前はターゲットナンバー内だったが、他国の結果などもあり出場圏外へ。 最終的には世界陸連から7月1日以降に正式に出場権獲得者が発表され、日本陸連がその発表を踏まえ、選考要項に沿って代表選手を内定する。また、その後、辞退者などが出た場合は繰り上がりで出場権を得られる可能性も残されている。なお、27日までの日本選手権で参加標準記録突破者+3位以内の選手は内定済み。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top