月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪参加資格の世界ランキングが更新 5000m松枝、棒高跳・江島、3000m障害・山中らが出場圏内に 内定者発表は明日以降


世界陸連の東京五輪に向けたワールドランキングが更新され、6月27日まで行われていた日本選手権の結果が反映された。

東京五輪の出場資格は、(1)参加標準記録突破、各種目のターゲットナンバー(出場枠)に参加標準記録突破者が満たない場合は、(2)ワールドランキングの上位順、で出場権が与えられる。ワールドランキングは各種目2~5つの競技会において、記録スコアと順位スコア(大会カテゴリーによって異なる)によるポイントを平均したもので順位付けされる。

日本選手権の結果から、男子5000mで2位の松枝博輝(富士通)、同3位の坂東悠汰(富士通)、棒高跳2位の江島雅紀(富士通)、女子1500m2位の卜部蘭(積水化学)、3000m障害優勝の山中柚乃(愛媛銀行)がターゲットナンバー内に浮上した。

また、女子5000mと10000mで参加標準記録を突破して内定している新谷仁美(積水化学)だが、5000mのワールドランキングから削除されていることから10000mに絞ることが濃厚。変わって萩谷楓(エディオン)が出場枠圏内に入った。

一方、女子100mハードルの木村文子(エディオン)は出場圏内から外れ、わずか1ポイント差でターゲットナンバー40の次ぎの41位となった。また、3000m障害の吉村玲美(大東大)も大会前はターゲットナンバー内だったが、他国の結果などもあり出場圏外へ。

最終的には世界陸連から7月1日以降に正式に出場権獲得者が発表され、日本陸連がその発表を踏まえ、選考要項に沿って代表選手を内定する。また、その後、辞退者などが出た場合は繰り上がりで出場権を得られる可能性も残されている。なお、27日までの日本選手権で参加標準記録突破者+3位以内の選手は内定済み。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com