月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子100mはフレイザー・プライスが優勝して東京五輪代表に、男子はトレーシーV、ブレイクは2位/ジャマイカ選手権


東京五輪代表選考を兼ねたジャマイカ選手権が6月24日から首都のキングストンで27日までの日程で開催されている。大会2日目(25日)に行われた女子100mは08年北京五輪、12年ロンドン五輪の金メダリスト、シェリー・アン・フレイザー・プライスが10秒71(+1.0)で快勝し東京五輪代表を内定。これで34歳のベテランスプリンターはリオ大会を含めて4大会連続の五輪代表となる。

2位には準決勝で自己新の10秒77をマークしていたS.ジャクソンが10秒82で入った。3位はリオ五輪金メダリストのE.トンプソンが10秒84だった。

男子100mは、ティクエンド・トレーシーが10秒00(+0.6)で優勝。準決勝でただ1人9秒台となる9秒98をマークしていたヨハン・ブレイクは100分の1秒差の2位だった。3位には20歳のO.セビールが自己新の10秒04で食い込んだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com