月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子3000m障害のホープ!20歳の山中柚乃が日本歴代2位の9分41秒84で初V 東京五輪にも近づく/日本選手権


◇日本選手権(6月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

東京五輪代表選考会となる第105回日本選手権の3日目。女子3000m障害は9分41秒84の大会新記録で優勝した。この記録は日本歴代2位。東京五輪の参加標準記録9分30秒00には届かず、即時内定とはならなかった。

レースは森智香子(積水化学)が引っ張り、1000m3分14秒、2000m6分29秒で通過。残り3周を切って山中がスピードを上げ、最後は吉村玲美(大東大)らの追撃を抑えた。

「地元の日本選手権。中学から走ってきた場所で、たくさんの人に見てもらえて勝てたのが素直にうれしいです」

地元・大阪の大塚高校出身の弱冠二十歳。今年は女子2000m障害で6分19秒55の日本最高記録をマークするなど好調だった。この結果、東京五輪の参加標準記録荷は届いていないものの、日本選手権の結果と他国の状況次第でワールドランキングでの東京五輪の出場権獲得の可能性も出てきた。

「ターゲットナンバーも意識していましたが、私の一番の目標はパリ五輪」とブレることはない。「自分で言うのもあれですが、1年1年成長できています。来年は9分40秒を切りたいです」とすがすがしい笑顔で喜びを表現した。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com