月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

やり投・北口榛花61m49で2年ぶりV東京五輪代表内定、今大会第1号!/日本選手権


◇日本選手権(6月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

東京五輪代表選考会となる第105回日本選手権の2日目。女子やり投の日本記録保持者・北口榛花(JAL)が61m49で2年ぶりの優勝を飾った。すでに東京五輪の参加標準記録64m00を突破しており、今大会第一号の代表内定。自身初のオリンピックを決めた。

「日本のレベルも上がっていたので、もう一度参加標準記録を投げるつもりで臨みました」と北口。1回目58m48、2回目53m71と出だしは苦しいものに。だが、4回目に61m22をマークしてトップに立つと、5回目にも61m03、そして6回目に61m49と記録を伸ばして優勝を決めた。

4月にコーチのいるチェコに渡り、ヨーロッパでシーズンイン。だが、ここまで一度も60mを超えられず、「やっと投げられた」とホッとした様子だった。ここ数年は課題の助走について試行錯誤を繰り返し、今年になってからも助走10歩、クロスステップ8歩にしてスピードアップにチャレンジした。その結果、なかなか記録が出ず「このままスピードを上げていいのか」と悩んだこともあるという。だが、「やってきたことを信じる」と割り切ったのが、この日の後半3回。「代表を決めたかったので迷いなく投げられました」と、北口らしい笑顔でインタビューに応えた。

これで、幼い頃から夢見てきた舞台であるオリンピックの代表権を勝ち取った。「世界の記録も上がっているのをヨーロッパで見てきました。ここがゴールじゃなくてスタート。1ヵ月あるのでパワーアップしていきたい」。日本が世界に誇るスロワーは、満を持して世界の強豪たちを迎え撃つつもりだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com