HOME ニュース、国内

2021.06.25

兒玉芽生が100m連覇達成で東京五輪リレー代表入り濃厚!「もっと強い選手になりたい」/日本選手権
兒玉芽生が100m連覇達成で東京五輪リレー代表入り濃厚!「もっと強い選手になりたい」/日本選手権


◇日本選手権(6月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

東京五輪代表選考会となる第105回日本選手権の2日目。女子100mは昨年に続いて兒玉芽生(福岡大)が優勝した。だが、タイムは11秒62(-1.9)と伸びず「加速の部分でのれず、最大速度を出すところが良くなかった」と振り返る。それでも「勝ちきることができたのは良かった」と胸をなで下ろした。

一昨年は200mで初優勝、昨年は100mを制した兒玉。100mでは日本歴代3位の11秒35まで記録を短縮し、一躍女子スプリント界のエースへと成長した。今季は春先にハムストリングスを痛めながらも、5月の世界リレーで4×100mリレーの五輪代表権獲得に貢献した。

予選、準決勝ともに11秒46と一人別次元の走り。それでも「決勝に向けてアップもよくなくて、精神的にもきつかった」と兒玉。決勝は、小学生から全国タイトルを取ってきたさすがの勝負強さを見せたと言える。これで東京五輪4×100mリレー代表入りは濃厚。明日以降の200mも含め「このままでは世界で戦えない。もっと強い選手になりたい」と、力強いまなざしで世界を見据えていた。

◇日本選手権(6月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居) 東京五輪代表選考会となる第105回日本選手権の2日目。女子100mは昨年に続いて兒玉芽生(福岡大)が優勝した。だが、タイムは11秒62(-1.9)と伸びず「加速の部分でのれず、最大速度を出すところが良くなかった」と振り返る。それでも「勝ちきることができたのは良かった」と胸をなで下ろした。 一昨年は200mで初優勝、昨年は100mを制した兒玉。100mでは日本歴代3位の11秒35まで記録を短縮し、一躍女子スプリント界のエースへと成長した。今季は春先にハムストリングスを痛めながらも、5月の世界リレーで4×100mリレーの五輪代表権獲得に貢献した。 予選、準決勝ともに11秒46と一人別次元の走り。それでも「決勝に向けてアップもよくなくて、精神的にもきつかった」と兒玉。決勝は、小学生から全国タイトルを取ってきたさすがの勝負強さを見せたと言える。これで東京五輪4×100mリレー代表入りは濃厚。明日以降の200mも含め「このままでは世界で戦えない。もっと強い選手になりたい」と、力強いまなざしで世界を見据えていた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top