月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

兒玉芽生が100m連覇達成で東京五輪リレー代表入り濃厚!「もっと強い選手になりたい」/日本選手権


◇日本選手権(6月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

東京五輪代表選考会となる第105回日本選手権の2日目。女子100mは昨年に続いて兒玉芽生(福岡大)が優勝した。だが、タイムは11秒62(-1.9)と伸びず「加速の部分でのれず、最大速度を出すところが良くなかった」と振り返る。それでも「勝ちきることができたのは良かった」と胸をなで下ろした。

一昨年は200mで初優勝、昨年は100mを制した兒玉。100mでは日本歴代3位の11秒35まで記録を短縮し、一躍女子スプリント界のエースへと成長した。今季は春先にハムストリングスを痛めながらも、5月の世界リレーで4×100mリレーの五輪代表権獲得に貢献した。

予選、準決勝ともに11秒46と一人別次元の走り。それでも「決勝に向けてアップもよくなくて、精神的にもきつかった」と兒玉。決勝は、小学生から全国タイトルを取ってきたさすがの勝負強さを見せたと言える。これで東京五輪4×100mリレー代表入りは濃厚。明日以降の200mも含め「このままでは世界で戦えない。もっと強い選手になりたい」と、力強いまなざしで世界を見据えていた。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com