月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

日本選手権欠場者発表 400mウォルシュ、100m鶴田ら


日本陸連は6月22日、日本選手権(6月24日~27日/大阪・長居)の欠場者を発表した。男子400mのウォルシュ・ジュリアン(富士通)は左腓腹筋腱損傷のため欠場。ウォルシュはリオ五輪リレー代表で19年には世界選手権にも出場。東京五輪の参加標準記録は突破していないが、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)圏内にランクインしている。

女子100mの鶴田玲美(南九州ファミリーマート)は故障を回避するため欠場し、200mに専念する見込み。その他、男子三段跳の伊藤陸(近大高専)らの欠場が発表されている。

■6月22日発表の欠場者
男子100m 永田駿斗(住友電工)/左腕を骨折したため
男子100m 犬塚渉(スズキ)/200mに専念するため
男子400m ウォルシュ・ジュリアン(富士通)/左腓腹筋腱損傷のため
男子3000m障害 吉田光汰(中央学大)/ケガのため
男子三段跳 伊藤陸(近大高専)/左足関節に痛みがあるため
女子100m 鶴田玲美(南九州ファミリーマート)/故障を回避するため
女子砲丸投 大迫晴香(国士大)/指のケガのため



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com