月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪男子50km競歩の鈴木雄介が代表辞退、コンディション不良のため苦渋の決断

東京五輪男子50㎞競歩代表の鈴木雄介(富士通)がコンディション不良のため、代表を辞退することを明らかにした。所属先の富士通が6月22日に発表した。補欠だった勝木隼人(自衛隊体育学校)が入れ替わりで代表に内定した。

2019年秋のドーハ世界選手権同種目で金メダルを獲得して早々と五輪代表内定を決めていたが、酷暑、深夜開催という過酷な条件の中で途中何度も立ち止まるほどのレースのダメージは思いのほか深かった。20年3月の全日本競歩能美大会20㎞で4位と回復の兆しを見せてはいたが、コロナ禍で東京五輪が延期になって以降は、さらに体調が低下。春先にトレーニングを再開したが、五輪で戦うための高負荷のトレーニングができるまでには至らなかったという。

鈴木は所属先を通じて、「このたび、東京2020オリンピック陸上競技男子50km競歩代表を辞退する決断をいたしました。前回のオリンピック出場が叶わなかった時から、東京2020オリンピックには必ず出場し、金メダルを獲得することを強く望んで練習に取り組んできました。しかし、自分が望む結果を得るための状態まで仕上げていくことは困難と判断し、今般の決断にいたりました。日頃からご支援・ご声援いただいている皆様、そして地元石川県の方々をはじめ、楽しみにしてくださっていた皆様の期待に沿うことができず心苦しい思いです。悔しい気持ちもありますが、日本競歩チームの一員として、出場する選手を応援していきたいと思います。今後は、コンディションを整えながら、徐々に試合に復帰していければと考えています。来年の世界陸上、そして次回のオリンピックでは金メダルを目指せるように頑張りたいと思いますので、今後もご支援・ご声援よろしくお願いいたします」とコメントした。

五輪は2012年ロンドン大会で20㎞36位。2015年に20㎞で今も残る世界記録(1時間16分36秒)を樹立したが、その後に股関節周辺のケガで同年の北京世界選手権を途中棄権した後、長期スランプに陥った。50㎞に距離を延ばし、日本選手権で当時日本記録(3時間39分07秒)を打ち立てて復活優勝を飾り、ドーハの快挙につなげていたが、苦渋の決断に至った。

■陸上競技部 福嶋正監督コメント
東京2020オリンピック陸上競技の代表内定は、ドーハ世界陸上競技選手権大会で金メダルを獲得したことで本人が勝ち取ったものであり、本人の決断を尊重したい。これまでも苦しい時があったが、周囲の方々の支えもあって乗り越えてきました。また元気な姿で競技を再開できるようチームとしてサポートしていきたいと思っています。ご支援、ご声援をよろしくお願いいたします。

■陸上競技部 今村文男競歩ブロック長コメント
スタートラインに立たせることができず、本人、そして期待していただいた方々には大変申し訳なく思っています。まずは本人の体調の回復を優先し、次の大会やその先の世界陸上競技選手権大会に向けて引き続きサポートしていきたいと思います。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com