HOME ニュース、海外

2021.06.21

ブロメル9秒80で初の全米最速に!! 35歳フェリックスが5大会連続五輪へ/全米五輪選考会
ブロメル9秒80で初の全米最速に!! 35歳フェリックスが5大会連続五輪へ/全米五輪選考会


◇全米五輪選考会(6月18日~27日/米国・オレゴン州ユージン)

東京五輪代表選考会となる全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100mは25歳のトレイヴォン・ブロメルが9秒80(+0.8)で初優勝。2015年、16年と連続で2位だったが全米最速の座を初めて勝ち取り、堂々2大会連続の五輪代表入りを決めた。

広告の下にコンテンツが続きます

2位はルーニー・ベイカーが9秒85の自己新、3位はドーハ世界選手権400m銅メダルのフレッド・カーリーが自身初の9秒8台となる9秒86で3位に入った。9秒89で4位のケニー・ベドナレクまでが9秒8台をマークした。ドーハ世界選手権200m金メダルのノア・ライルズは7位、39歳のジャスティン・ガトリンは8位にとどまった。

18歳だった2014年6月に男子100mでU20初の9秒台となる9秒97をマークしたブロメル。日本の桐生祥秀(当時・東洋大/現・日本生命)が銅メダルだった同年の世界ジュニア選手権(現・U20世界選手権)で銀メダルを獲得、翌年の北京世界選手権では銅メダルを手にするなど、早くから注目を集める存在だった。しかし、16年の全米五輪選考会を自己新の9秒84で2位通過しながらも、初の五輪となったリオ大会では8位どまり。この頃からアキレス腱の痛みなどに悩まされはじめ、その後は低迷が続いた。

復活の気配が出始めたのは昨年。サニブラウン・アブデル・ハキームも指導を受けるラナ・レイダー・コーチの元で徐々に力を取り戻し、7月に16年の9秒84以来の9秒台となる9秒90、今季は6月に世界歴代7位、今季世界最高の9秒77(+1.5)をマークしていた。ドーハ世界選手権金メダルのクリスチャン・コールマンがドーピング検査で3度の居場所不在の違反を犯して1年半の資格停止処分を受け、東京五輪出場が絶望となったなか、これで米国スプリント界のエースと言える位置に浮上してきた。

このほか男子ハンマー投はルディ・ウィンクラーが米国新の82m71、同400mはマイケル・ノーマンが44秒07で快勝してそれぞれ初の五輪代表へ。クアネラ・ヘイズが49秒78で制した女子400mで2位(50秒02)になった35歳のアリソン・フェリックスが5大会連続の五輪代表入りを決めた。

広告の下にコンテンツが続きます

全米五輪選考会は現地時間6月27日まで開かれる。

◇全米五輪選考会(6月18日~27日/米国・オレゴン州ユージン) 東京五輪代表選考会となる全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100mは25歳のトレイヴォン・ブロメルが9秒80(+0.8)で初優勝。2015年、16年と連続で2位だったが全米最速の座を初めて勝ち取り、堂々2大会連続の五輪代表入りを決めた。 2位はルーニー・ベイカーが9秒85の自己新、3位はドーハ世界選手権400m銅メダルのフレッド・カーリーが自身初の9秒8台となる9秒86で3位に入った。9秒89で4位のケニー・ベドナレクまでが9秒8台をマークした。ドーハ世界選手権200m金メダルのノア・ライルズは7位、39歳のジャスティン・ガトリンは8位にとどまった。 18歳だった2014年6月に男子100mでU20初の9秒台となる9秒97をマークしたブロメル。日本の桐生祥秀(当時・東洋大/現・日本生命)が銅メダルだった同年の世界ジュニア選手権(現・U20世界選手権)で銀メダルを獲得、翌年の北京世界選手権では銅メダルを手にするなど、早くから注目を集める存在だった。しかし、16年の全米五輪選考会を自己新の9秒84で2位通過しながらも、初の五輪となったリオ大会では8位どまり。この頃からアキレス腱の痛みなどに悩まされはじめ、その後は低迷が続いた。 復活の気配が出始めたのは昨年。サニブラウン・アブデル・ハキームも指導を受けるラナ・レイダー・コーチの元で徐々に力を取り戻し、7月に16年の9秒84以来の9秒台となる9秒90、今季は6月に世界歴代7位、今季世界最高の9秒77(+1.5)をマークしていた。ドーハ世界選手権金メダルのクリスチャン・コールマンがドーピング検査で3度の居場所不在の違反を犯して1年半の資格停止処分を受け、東京五輪出場が絶望となったなか、これで米国スプリント界のエースと言える位置に浮上してきた。 このほか男子ハンマー投はルディ・ウィンクラーが米国新の82m71、同400mはマイケル・ノーマンが44秒07で快勝してそれぞれ初の五輪代表へ。クアネラ・ヘイズが49秒78で制した女子400mで2位(50秒02)になった35歳のアリソン・フェリックスが5大会連続の五輪代表入りを決めた。 全米五輪選考会は現地時間6月27日まで開かれる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top