月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

世界最速ウサイン・ボルトさんがSNSで双子のセイント・レオちゃん、サンダーちゃん誕生を報告


男子100m、200mの世界記録保持者、ウサイン・ボルトさん(ジャマイカ)が父の日だった6月20日、自身のSNSで双子の男の子が生まれたことを明らかにした。

ボルトさんはパートナーのベネットさん、昨年5月に生まれた長女のオリンピア・ライトニングちゃんと一緒に映った写真を投稿。コメントにセイント・レオちゃん、サンダーちゃんという双子の名前を添えている。

ボルトさんは五輪の100m、200mで08年から3年連続2冠の偉業を成し遂げ、世界選手権では200mで09年から4連覇、100mは3度の金メダルを獲得。いずれも09年ベルリン世界選手権で打ち立てた100m9秒58、200m19秒19の世界記録はいまだ破られていない。17年のロンドン世界選手権を最後に現役を引退、その後はプロサッカー選手を目指したが、それも19年に断念していた。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com