月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

増田明美氏が東京陸協の会長に就任「陸上を愛する皆さんのためにがんばりますよ~」

東京陸協は16日、1984年ロサンゼルス五輪女子マラソン代表の増田明美氏が新会長に就任したことを発表した。

千葉・成田高在学中に長距離種目で数々の日本記録を打ち立てた増田氏は、83年に現在も破られていないマラソンのU20日本記録(2時間30分30秒/当時のジュニア世界記録)を樹立。翌年のロサンゼルス五輪に出場(途中棄権)後は92年1月まで現役を続け、引退後はマラソン解説者、スポーツライターとして活躍している。

増田氏は会長就任に際し、東京陸協のホームページにてコメントを寄せている。

「この度、会長に就任しました、増田明美です。選手の頃から東京陸協の皆さんには、大変お世話なっています。忘れられないのは、(84年のロス五輪で失敗後、2年間アメリカで生活し)帰国して初めての大会が、東京選手権だったこと。女子5000mに出場しましたが、運営の方々から『おかえりー』『明美ちゃん、やめずに偉かったね』などと励まされ、温かさに涙がこぼれました。お陰で、その大会で優勝し、よいスタートを切ることが出来たのです。
そしてその頃支えてくださった方々が、今も大会運営に携わっていることがステキです。東京陸協の底力ですね!これからは恩返し。ジュニアからトップアスリート、パラ陸上も含め、陸上を愛する皆さんのためにがんばりますよ~」(全文より一部抜粋)



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com